拡大し続けるペットボトルコーヒー『ラテ』飲み比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットボトルコーヒー市場が、戦国時代とも評されるほど活況です。サントリーの「クラフト ボス」シリーズが切り開き、今は各飲料メーカーが次々と参入。ブラックコーヒー以外にも、様々な味が登場し、コンビニやスーパーでも一定のスペースを占めるドリンクの一ジャンルとして定着しました。そして今はブラックより、ミルク感があり飲みやすいラテを好む人が増えています。そこで、各社のペットボトルラテを飲み比べてみました!

 

ペットボトルコーヒーのパイオニアシリーズ

サントリーが発売したクラフトボスシリーズのラテ。「クラフトボス ラテ」は、満足感がありながらも、すっきり飲み続けられる味わいを実現するために、200を超える工程を経て、手間を惜しまず仕上げたコーヒーに、厳選した国産牛乳と北海道産の生クリームを合わせ、甘すぎずすっきり飲みやすい「やさしいコク」を実現したとのこと。

サントリー/「クラフトボス ラテ」

サントリー/「クラフトボス ラテ」
¥170(税抜)

「クラフトボス ラテ」飲んでみた

適度なコクがあり、すっきりとした味わい。やや甘味が残る後味は、飲んだ後にホッとできるやさしい味わい。コンセプト通り、じっくりと飲みたい味に仕上がっています。

サントリー/「クラフトボス ラテ」

疲れた体にしみました。

人気缶コーヒー「ジョージア」のペットボトルラテ

コカ・コーラの「ジョージア」ブランドのペットボトルコーヒー。水出しコーヒー5%使用し、透明感のあるすっきりとしたコクが楽しめます。国産牛乳を使い、なめらかで雑味のないすっきりした味わいだそう。

コカ・コーラ/「ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテ」

コカ・コーラ/「ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテ」
¥149(税抜)

 

「ジョージアジャパン クラフトマン カフェラテ」飲んでみた

コーヒーのコクがまろやかで、飲みごたえがあります。苦味と甘味はどちらもやさしめで、満足感もあり、すっきりとした後味はリフレッシュしたい人にピッタリ。ゴクゴクといきたい人にもおすすめです。

コカ・コーラ/「ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテ」

グラスボトル風の形状やクラフト感のあるラベル、ブランドロゴのエンボス加工など、随所にこだわりを感じさせるスタイリッシュなデザイン。

タリーズコーヒー監修の無糖カフェラテ

スペシャルティコーヒーショップ「タリーズコーヒー」の味わいが楽しめると人気の「タリーズコーヒー」。そのペットボトルラテは、ミルクの甘さだけでコーヒーの味わいを引き立て、すっきりとした飲み口に仕上げた無糖カフェラテ。甘さがいらないシーンにぴったりの味わいに仕上がっているそう。

伊藤園/「タリーズコーヒー スムースラテ」

伊藤園/「タリーズコーヒー スムースラテ」
¥160(税抜)

 

「タリーズコーヒー スムースラテ」飲んでみた

無糖ラテなので砂糖の甘味はなく、ミルクの甘味とコーヒーのコクだけの、ピュアな味わいに仕上がっています。全体的にすっきりとした飲み口で、ゆっくり時間をかけて飲む時やスイーツなどと一緒に飲むとよさそうです。

伊藤園/「タリーズコーヒー スムースラテ」

甘さがいらないシーンにもよく合います。

振って泡を立てて飲む!? ユニークなラテ

丁寧にドリップした高級豆ブレンドのコーヒーに、国産牛乳を合わせた、苦味や雑味のないなめらかな味わい。振るほどに生まれるきめ細やかな泡により、さらになめらかな味わいになるそうです。振って泡だてるアイデアは、近年カフェを中心に広がっている新しいコーヒーの飲み方の一つから参考にしたそう。

アサヒ飲料/「ワンダフルワンダ ラテ」

アサヒ飲料/「ワンダフルワンダ ラテ」
¥160(税抜)

 

「ワンダフルワンダ ラテ」飲んでみた

苦味と甘味のバランスがとれていて、ややコクも感じる比較的濃厚な味わいに感じました。振って泡立てて飲むと、マイルドさが増し、より丸みのある味わいに。味変できるのが面白いです。

アサヒ飲料/「ワンダフルワンダ ラテ」

日常のオフタイムで、優雅に振りながら飲みたいですね。

ちびだら飲み推奨! 1日を通して楽しめる520ml

通常のドリップコーヒーに低温で時間をかけて抽出した水出しコーヒーとクリアエスプレッソを加え軽やかで澄んだコクを実現。ミルクとのほのかな甘さを加えることで、仕事をしながら1日を通して楽しめる仕上がりになっているそう。容器は、ダイドードリンコ初の大容量容器・520ml。

ダイドードリンコ/「ダイドーブレンド グッドワークブレンド オールデイリフレッシュラテ」

ダイドードリンコ/「ダイドーブレンド グッドワークブレンド オールデイリフレッシュラテ」
¥140(税抜)

 

「ダイドーブレンド グッドワークブレンド オールデイリフレッシュラテ」飲んでみた

一口含んだ瞬間にわかる、透明感のある澄んだ飲み心地。その中で苦味・甘味も適度に感じられ、飲んだ後、気持ちが落ち着きつつも、シャキッとなるように感じました。520mlの容器は、500mlに慣れていると、最後の一口が多いような印象です。

ダイドードリンコ/「ダイドーブレンド グッドワークブレンド オールデイリフレッシュラテ」

20ml多いと、ちょっと得した感じ。

 

文/撮影/金山 靖

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(火)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ビームス ライツ ボストンバッグ

キャリーバッグに入り切らない荷物は、1,000円以下のボスト…