服内をドライに保つ快適ベスト!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアや屋外イベント、ライディングシーンでも活躍!

 この夏、人気となっている携帯式ファン、確かに便利で使い勝手も良いが、少々風力が弱く、使用用途は主に顔周りとなっている。暑さのピークは過ぎるもまだまだ暑い日は続く、アウトドアや外での作業、そして自転車やバイクに乗る際、できる限り涼しく、快適な状態でいたいと誰もが考えるはず。

 そこで、そんな暑さを軽減してくれるアイテムをご紹介。それが空調ウェア「クーリングブラスト」。時々、街中でも見かけるようになった背中にファンのついたウェアである。見かけた人は「あの服、なんだろう」と思った人も多いはず。元々は工場や屋外で働く人たち用の暑さ対策や熱中症対策を目的とした夏用作業着だったものを、一部の人たちが街で徐々に使用し始めているという訳。

使用することで服内をドライに保ち、暑さと不快感を軽減、屋外に出ることの多い人ならぜひ一度試してみる価値のあるアイテムとなっている。

進化を遂げたバッテリーでよりパワフルかつ快適に

従来のモデルからバッテリーを改良、風量は4段階で切り替えられ、出力電圧が1段階で3.2Vから4.3V、2段階で4.6Vから5.2V、3段階で5.6Vから6.3V、4段階で7.2Vから7.3Vと前段階でパワフルになっている。フル充電にかかる時間は約5時間、バッテリーの寿命は約500回となっている。また稼働時間に関しては、1段階で24時間以上、2段階で約16時間、3段階で約11時間、最強となる4段階でも8時間以上で、バッテリー残量を気にすることなく長時間使えるのも魅力となっている。

ファンの改良で風量アップ&安全かつクリーンに

 

バッテリーだけでなく、ファン自体も改良され、羽根の枚数は従来の5枚から9枚となり風量がアップ。また作業などで体を動かした際にもケーブルが外れにくいようにとケーブルロック機能も搭載。さらに、ファンのカバーはネジ式となっていて、取り外しが可能なので、羽根周りについたごみや埃などの掃除も楽にできるようになっている。

ベストタイプを実際に試してみた!

どれほどの効果があるのか実際に暑さ厳しい日中にベストタイプのものを着用して試してみた。まずスイッチを入れると背中の下の方から風が吹き上げてくる。服の中を風が通り、ベストながらも肩口がゴム仕様となっているのでファンの風が漏れにくく、服内に空気の流れができて膨らんでくる。

 また背中上部にメッシュが配置されることにより、背中から首周りを効果的に涼しくしてくれる。もちろん、外気を取り入れる形なので、冷たい風が入ってくるわけでないが、服内に空気の流れができることで、ドライな状態に促し、不快感は軽減される。日陰になるとその効果は高まり、涼しさもアップ。

 試しにバイクに乗ってみたが、前方からの風圧によって快適性が半減してしまうため、高速走行よりも低速走行に向いている。見た目的にちょっぴり着膨れてはしまうが、暑い日、汗をかいて、特に背中に感じる不快感を半減させられるのは嬉しいところ。

  

より高い効果を得たいのであれば、通常のブルゾンタイプだが、オススメは、気軽に使え、屋外イベントやアウトドアシーンでも活躍してくれるベストタイプ。屋外で少しでも快適に過ごしたい人、また今後の暑さ対策や熱中症対策として一着いかがでしょうか。

LX-6700WV(ベストタイプ)

価格:¥オープン(税込)

カラー:ネイビー・シルバー

サイズ:M-5L

LX-6700W(ブルゾンタイプ)

価格:¥オープン(税込)

カラー:ブルー・シルバーグレー

サイズ:M-5L

【問い合わせ】

リンクサス TEL.06-6585-0620

公式ホームページ 

https://linxas.co.jp/cb

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…