秋のアウトドアに使いたい、4つのお役立ちモノ!【キャンプ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドア人気が高まっていますが、いま90年代以来のアウトドアブームが到来していると言われているんです。

中でも強いのはやはりキャンプ。『オートキャンプ白書2019年』(一般社団法人日本オートキャンプ協会)によると、昨年1年間でオートキャンプの参加人口が前年より10万人も増えたそうなんです。合計人口は850万人を記録し、2012年の720万人に対して6年連続で増え続けていることがわかっています。

そして早いもので今年ももう10月。キャンプにぴったりの季節・秋ということで、雨、防寒、ケガの対策と、MonoMaxがオススメしたいキャンプでのお役立ちモノをご紹介します!

 

淹れたてのコーヒーが手軽に作れて、そのまま保温

キャンプで飲む淹れたてのコーヒーは、不思議とおいしく感じるもの。キャンプ飯のシメにも飲みたいし、川辺に座って飲むのもいい。早朝にテントからのっそりと出て、スッキリ澄んだ空気を味わいながら飲むのも最高。

コンパクトなミルを使って豆を挽き、ドリップ。そして多めに作って、保温力のあるステンレスボトルに入れておけば、飲みたいときにもすぐに飲めるのでオススメです!

人気のチャムスならコーヒーポットからドリッパーまですべて揃いますよ。

レトロなデザインのステンレス製ケトル。もちろん直火OK。

チャムス
コーヒーポット ¥3,800(税抜)

保温性に優れたステンレスボトル(550㎖)。
ステンレスボトル ¥3,000(税抜)

ブービーバードの足型をデザインしたドリッパー。
ドリッパー ¥2,200(税抜)

コンパクトなミル。人気マスコットのブービーバードをかわいくデザイン。
コーヒーミル ¥1,500(税抜)

問 チャムス表参道店03-6418-4834

おしゃれと高機能素材をミックスした両得ブルゾン

自然の中で過ごすのが醍醐味なワケですが、都会よりも寒いので注意。急に雨が、なんてことも。特に秋は、日中は暑いのに対して日が暮れると対策しないと凍えます……。

こちらはモコモコのあったかフリースと防風・撥水・速乾性能に優れた高機能素材オムニシールドを採用したリバーシブルブルゾン。

スポーティで動きやすく、天候が変化しやすいキャンプにオススメなんです!

A面はモコモコのフリース

毛足が長めのフリースは暖かくて肌触りも最高。トレンド素材なので街着でもおしゃれ!

日差しのある昼間は乾いた肌触りのイエロー面を内側にして快適に。フリースブルゾンとしておしゃれキャンパーをアピールしましょう!

B面は雨風に強く風合いも◎

こちらは雨や汚れを効果的に弾くオムニシールド生地。速乾性に優れているのも心強いです。

冷え込む夜はモコモコのフリースを内側にして暖かく。風の強い時や、急に雨が降り始めた時もオムニシールドがしっかりガードしてくれます。

コロンビア
スロータースロープジャケット ¥18,000(税抜)

問コロンビアスポーツウェアジャパン0120-193-803

雨が降っても、岩場でもガンガン歩ける快適ブーツ

キャンプ場はデコボコした足場が多いので、きちんとアウトドア用のシューズで行くのがベター。

石が多かったり、土や芝生で滑りやすかったり。普段のシューズで行ってしまうと、汚れや劣化も気になるところ。

そこで、アッパーに防水・耐久性に優れたフルグレインレザーを採用したメレルの新作ブーツはいかがでしょう。アウトソールにハイテク素材を使用することで、フィールドでの安全で快適な歩行をサポートしてくれますよ。

荒れた山道も気にせず歩ける!

ビブラム社製メガグリップアウトソールを採用。キャンプ場や濡れた岩場でも安心して歩けます。

メレル
オンタリオ ミッド ウォータープルーフ ¥20,000(税抜)

問 丸紅フットウェア03-3665-1789

耐久性があってコンパクトエイドキットポーチに最適!

コーデュラナイロンを使用したミリタリー仕様のタクティカルポーチです。ほとんどの場合、自宅から離れた場所に出かけて、人気の少ない自然の中で寝泊りするわけですから、万一の場合の対策もきちんとして行きましょう。

ミリタリー仕様だけあって実戦のノウハウが詰まっており、細々したギアやファーストエイドキットを収納するのに最適な大きさ。

これひとつ持って行けば安心して過ごせます!

ポーチ背面にあるスナップ付きストラップを使って、バックパックなどに取り付けることも可能です。これが、必要なものがすぐに出せるので便利なんですよね。

タスマニアンタイガー
タックポーチ・トレマ ¥3,000(税抜)

問 トランパーズ03-5380-8306

 

いつもor初めてのキャンプにこれらを投入すれば、より快適に、より安心して楽しめますよ!

次回の「トレッキング編」へ続きます。

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(水)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

マザーズバッグとして超便利! アーバンリサーチのツールバッグ…