• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 4月号

3月13日(金)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

立ち乗り可能な新感覚のeスクーター

街の移動を楽しく、軽快かつスマートに!

 昨年から新たなモデルが続々と登場しているeモビリティ。その勢いは2020年も止まらない。以前、紹介をした軽量かつ折りたため、持ち運びも可能なe-BIKE「BLAZE SMART EV」や通常走行はもちろん、軽トラックやハイエース等の車両に積んでキャンプ場やレジャー施設でも楽しめるeミニカー「next cruiser EV」を展開しているブレイズが新たなモデルをこの冬登場させた。

 それがこの「BLAZE EV SCOOTER」。キックボード風のスマートなボディに可動調整式のシートをプラスしたスタイリングで、通常のスクーターのように乗れるのはもちろん、キックボードのように立ち乗りができるのも特徴となっている。

 自転車よりも楽で、バイクよりも手軽、街での移動をスマートに、さらに旅先の相棒としても便利な一台となっている。

スマート&エコな電動モーター

原付自転車と同様に公道走行が可能なこのモデル、搭載するモーターは、BLAZE SMART EVと同出力の0.35kw。高出力のモーターはトルク感もあり、3つの変速モード(ECOは0〜10km/h、MIDは10〜20km/h、HIGHは20〜30km/h)を備えている。一回の充電で走行が可能な距離は約35km、リチウムイオンバッテリーは家庭用コンセントで簡単に充電をすることができ、オイル等の交換も不要となっているので、気楽に使える。ちなみに1回の電気代は約8円*で、低コストというのも嬉しいところ。*使用状況によって異なる場合も有

軽量ボディ&持ち運びも便利

その魅力は軽量&スマートなボディと折りたためるところ。24.8kgという車重は一般的な原動機付自転車の約1/3の重さで、男性なら軽々と扱え、力の弱い女性でも無理なく取りまわせるものとなっている。また、スリーステップで簡単かつコンパクトに折りたたむこともでき、軽自動車にも楽々積むことが可能。クルマでキャンプや旅行に行く際もトランクに積んでいけば、目的地での便利な移動手段となってくれる。

立ち乗り&調整可能なハンドル&シート

一般的なスクーターの場合、ハンドルやシートの位置は固定されていて、自分好みの位置に調整することができない。だが、このモデルは自分の身長や好みのポジションに合わせることができ、またキックボードのような爽快感を味わえる立ち乗りも可能となっている。もし万が一、バッテリーがなくなってしまった場合でも、地面を蹴って楽に進むこともできる。

安全&便利な標準装備

軽量なボディとエコなモーター、そして調整可能なハンドル&シートのほか、標準装備アクセサリーも充実。安定した走りを支えるサスペンションに確かな制動力を誇るディスクブレーキ、夜間走行も安心なLEDライトやシンプルながらも視認性に優れるデジタルメーター、そして快適な乗り心地を実現する低反発サドルを装備し、毎日のライドを楽しくしてくれる。

BLAZE EV SCOOTER

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):1170×575×1100

*折りたたみサイズ 全長×全幅×全高(mm):1100×350×420

乗車定員:1名(120kg)

車両重量:24.8kg

電池:リチウムイオンバッテリー

充電時間:約3.5時間

定格出力:350w

走行距離:満充電で約35km

最大速度:30km/h

価格:¥136,000(税抜)

*ナンバー登録&配送料無料

カラー:ブラック/ホワイト/ワインレッド/カーキ

【問い合わせ】

ブレイズ TEL.052-439-0277

公式ホームページ www.blaze-evscooter.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/ブレイズ

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

MonoMax モノマックス マーモット Marmot 保冷保温バッグ

マーモットの保冷・保温バッグが使えすぎるんです!