• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(火)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【食べてみた】おかずになっちゃう「濃い旨(こいうま)おでん」で白米が超すすむ!!

おでんといえば“単体で食べる派”と“ご飯と一緒に食べる派”でパッキリ意見が分かれるかと思いますが、皆さんはどちら派でしょうか? そんな対立に、終止符が打たれる商品がついに登場したんです!

それが、こちら「ご飯によく合う 濃い旨(こいうま)おでん」!
筆者はご飯のお供にうるさい方なので、本当に白米に合うのかしっかりジャッジしていきたいと思います。

お皿に取り出すとこんな感じ! “濃い” とうたっているだけあって、スープの色が普通のおでんのお出汁と比べてとっても濃いです! ホワーッとにんにくと生姜の香りが漂って何とも食欲をそそります。

実はこのスープ、一正蒲鉾の男性社員さんが試行錯誤を重ねて、ご飯に1番よく合う味に仕上げたのだとか! ますます期待が高まります!

内容は、大根、こんにゃく、つくね、ちくわ、玉子の5種類となっていました。おでんの中でも人気の高い具材ばかりなのも嬉しい!
沸騰しているお湯の中に入れ5分温めるだけで完成という、超時短で手間いらずなのもポイント高いですよね。

それでは、実食していきます!

まずは、筆者がおでんの具材で愛してやまない大根をチョイス。中までしっかりとスープの染みた大根は見た目のインパクトがものすごい……! 思わず口元が緩みます。

お次に、これまたしっかり味の染みたつくねをお箸にとって早速ご飯にのせていきます!

炊き立ての白米の上に具材をのせれば、スープがお米に染みわたり食欲をそそるビジュアルに! 絶対うまいな……と確信しました。

さっそくスープの染みたご飯と具を口の中へ! 途端ににんにくの香りがガツンと鼻に抜けて、具の濃いめの味付けが白米とベストマッチ! もう一口ご飯をほおばらずにはいられませんでした! まさにおかずというにふさわしいほどインパクトのある味に仕上がっています。

白米の上から具がなくなると、すぐさま残りのおでんをON! 白米との相性を考え抜かれた味付けに箸が止まらず、ご飯をおかわりしてしまいました……!

じゅわっと口の中でスープが広がるちくわも、ぷりっぷりのこんにゃくも、ちょっと濃すぎ? くらいの味付けなのですが、やはりお米と食べるとめちゃくちゃいい塩梅に……。これには脱帽です!

個人的には、スープを多めにご飯にかけて染み染みにした白米を、具材の玉子と一緒に最後に食べるのがめちゃくちゃ美味しかったです! おすすめなのでぜひ!

 

おでんはご飯のおかずになるのかならないのか、このおでん完全におかずでした!
今までのスタンダードなおでんをあっさりおでんとするなら、濃い旨おでんはがっつりおでんですね。満足度もめちゃくちゃ高いです!
おでんは単体で食べる派の方にも、ぜひ一度白米と一緒に召し上がっていただきたいです! 気になった方はぜひチェックしてみてください。

【問い合わせ先】
一正蒲鉾株式会社
TEL:0120-023-773
HP:https://www.ichimasa.co.jp/contact/

 

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

SHIPS 3大価値三つ折り財布

【これは便利だ!】この3つ折り財布が使えすぎる件