• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月9日(土)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ペヤングの新作は、何とヘルシーコラボでした!

ペヤングソースやきそばが、株式会社はくばくとコラボレーションした『ペヤング もち麦MAXやきそば』を発売しました。

ペヤング もち麦MAXやきそば

株式会社はくばくは、穀物を扱う食品会社。同社の「はくばく”もち麦”」を使った商品は、食物繊維が豊富なことから、健康志向が高まった消費者に好評。その「はくばく”もち麦”」をペヤングの具材に使用するというアイデアカップやきそばです。

ペヤング もち麦MAXやきそば

いつものソースとかやくの他に、もち麦が入っています。もちろん、青のりとスパイスも付属。

 

もち麦って何?

大麦には、粘りが少ない「うるち性」と粘りが強い「もち性」があり、この「もち性」の大麦の総称が、もち麦。食物繊維が多い食材として知られ、腸のぜん動運動を活発にする効果と、腸内環境を整える効果があるそう。

『ペヤング もち麦MAXやきそば』作ってみた!

作り方はいつもと一緒! かやくを入れてお湯を注いで3分待ち、湯切りするだけ。ボリュームも、スタンダードなペヤングと同じです。出来上がりがこちら。

ペヤング もち麦MAXやきそば

中央に見える粒粒がもち麦です。お湯を注ぐ前は、結構大量にある印象でしたが、出来上がりは、それほど違和感なく、やきそばの具材になじんでいました。

ペヤング もち麦MAXやきそば

ソースと青のりをかけたら、ほぼ、いつものペヤング。安心感がありますね。

 

食べてみた! 気になる味は? 食感は?

一口すすります。いつものコクあるソース。細めのちぢれ麺もおなじみの食感です。その中に、プチプチと感じる新しい食感。これがもち麦か! 肉のギュッとした食感とも、キャベツのしんなり食感とも違い、ちょうどいい歯ごたえとプチッとつぶれる面白さがあり、いいアクセントになっています。
もち麦が口の中で主張することで、食物繊維を食べている実感が湧くのがいいですね。健康な感じがします。もち麦自体は、味やにおいが薄めで、ペヤングソースになじむ感じがあり、
味わいも、スタンダードなペヤングソースやきそばと変わりありません。ただ、このプチプチ食感はクセになるかも。

ペヤング もち麦MAXやきそば

文・撮影/金山 靖

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

ビームス BEAMS monomax モノマックス

BEAMSのトートバッグは創刊150号記念付録だからできた豪…