• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【買ってよかった】1つで2役こなす! 1秒で開けられるペンケースArkno(アークノ)が即戦力だった

ペンケースのお悩み、抱えられていませんか?

開口部が小さくて、いつも取り出すのに苦労する。
持ち歩きたい量が増えてしまって、ペンケースがいっぱいに。もはや閉まっていないまま持ち歩いてしまったり……。
長年使っていてファスナーがかなり痛んでしまっている。

などなど、いろいろなお悩みがあるかと思います。

しかし、実際に筆者が愛用しているペンケースがこんなお悩みすべてを解決してくれる優れものなのでご紹介します。

それがこのアイテムです!

こちら、サンスター文具から発売されているペンケース、Arkno(アークノ)。

オーソドックスなペンケース、といった印象を受けるこのアイテムですが、このペンケースの特徴は、なんといっても約1秒で開閉が可能なことなんです。

実際に手に持ってみると、大きすぎも小さすぎもなく持ち歩きやすいサイズ感。

開口部がマグネットで止まっており、ベルト側を持ち上げると、パカッと開きます。
一瞬で開くことができ、そのうえ片手でも開けられて、とても開けやすい。
マグネットで止まっているので、閉めるのも一瞬です。

一気に開く感覚がクセになり何度も開け閉めしたくなってしまいます。

たくさん持ち歩きたい人にもぴったり! 大容量収納できます

たくさんのペンを持ち歩くことも可能になっています。
実際に試してみたのですが、ペンだけであれば19本も収納することが可能です!

はさみやカッター、テープのりなどオフィスで使う機会の多い文房具を入れても15本入れることができました。

これだけ入れば蛍光ペンや赤ペン、青ペン、ボールペンなど使う頻度の高いものだけでなく、あまり使わないけれどたまにないと困る、というようなネームペンや筆ペンなども余裕で持ち運べます。

大きな開口部のおかげで見つけやすく取り出しやすい!

また、アークノはとても開口部が広く開きます!

普通のペンケースだと開口部が狭く、取り出すのに苦労したり、中身を探すのに時間がかかってしまったりしてしまいますが、アークノの大きな開口部がペンケースの中を広く見られることを可能にしているので、もういちいち時間をかけて探す面倒な手間は必要ありません!

 

ですが、そんなに簡単に開くなら、カバンの中で勝手に開いてしまい、カバンの中で大惨事に……なんてことを心配される方もいる方もいるかもしれません。

アークノならそんな心配もご無用です。
ペンを収納したまま下に向けてみても……

このようにマグネットでしっかり止まっているので、勝手に開いてしまうような心配はありません。

 

このアークノ、もちろんどんな方にもオススメしたいアイテムなのですが、社員が決まったデスクを持たないフリーアドレスオフィスで働く方には特にオススメです。
移動するたびに道具を持ち歩かなければならないので、毎回広げて移動するたびに片付けてと、面倒なことが多いかと思います。
このアークノなら大容量のペンを持ち歩けて、さらに開いてそのままデスクに置けばペントレーとして使うことができます! 移動するときは閉めればペンケースとして持ち歩くことができるので、いつもは生じていた時間のロスを省けるのがとても便利。

 

ペンケースとペントレー1つで2役、しかも1秒で開閉できるペンケース、アークノ。1度使ってみるとこの便利さを実感してもらうことができると思うので、ぜひ一度手にとって見てもらいたいアイテムです!

 

【商品情報】

商品名:Arkno(アークノ)
サイズ:W180×H35×D75mm
本体重量:100g 
カラー:全10色
値段:1300円(税抜)

お問い合わせ サンスター文具株式会社 03-5835-0094

 

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!