• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月9日(土)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

旅や冒険をしたいライダーに!

アクティブライダー御用達バイク

 バイクを買うなら、普段使いはもちろん、休日のちょっとしたツーリング、そして近年人気のキャンプ等、大いに楽しめるものを選びたい。丈夫で燃費も良ければさらに良い!

 今回はそんな多くの希望を満たしてくれるニューモデル「CT125・ハンターカブ」をご紹介。昨年のモーターショーで数々の大型バイクが展示されるなか、最もライダーたちからの熱い視線を浴びていたのがこのモデル。

 ホンダ伝統のスーパーカブシリーズの流れを汲み、普段使いの気軽さに加え、郊外へのツーリングやキャンプといった様々なアウトドアレジャー使いにも最適。

 幅広い走行状況を想定したボディ設計にフロントサスペンション、アップマフラー、アンダーガードなど装備も充実している。カラーリングはアクティブな印象を高めるレッドとタフな印象を与えるミリタリーテイストのブラウンをラインナップ。

 バイク好き&アウトドア好きであれば、ぜひ選択肢に入れてほしい一台となっている。

見た目と機能性を兼ねるマフラー&ダクト

 名車「CT110」のスタイルをしっかりと継承するアップマフラーの独特なスタイル。エキゾーストパイプとマフラーには、力強い印象を与えるパンチングが入れられたプロテクターを装備する。またマフラーの反対側には、チラッと一部が見えるハイマウント吸気ダクトが、サイドパートのさりげないアクセントに。もちろん機能性にも優れ、自然の中での走行の際、ホコリなどの吸入を低減してくれる。

低・中速域で力強さを発揮するエンジン

搭載する空冷4ストロークの125ccエンジンは、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りのシーンや郊外へのツーリング、未舗装路での走りを快適なものするようにと低・中速域で力強さを発揮する出力特性としている。また独自の吸排気システムを採用し、トコトコと感じる心地よいエンジンフィールとスロットル操作に対するダイレクト感も高めることで、より走りを楽しいものにしてくれる。

快適な走りを楽しむためのフレームとポジション

フレームはスーパーカブC125をベースとして、リヤを延長させることで大型リヤキャリアにも対応。またトップブリッジ付きのフロントフォークやピボットプレートの採用など、様々な走行シーンを想定し、剛性の最適化も図られている。そして自然豊かな風景を楽しみながら、ゆったりと走っていたくなるライディングポジションを実現するため、リラックスした姿勢がとれるアップハンドルを採用している。

旅を楽しく、快適にしてくれる装備

キャンプツーリングやロングライドを快適にする装備も充実。灯火器は全て、明るく、夜間や暗所を走る際に安心感を与え、被視認性の高いLEDを採用。またコンパクトながらも見易く、操作も楽な液晶メーターも○。さらに、足つき性と乗り心地にこだわったシートにキャンプ道具一式等の沢山の荷物も積載可能な4箇所の荷掛けフック付き大型リヤキャリアも備え、バイクでの旅を満喫可能となっている。

CT125・ハンターカブ

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):1960×805×1085

シート高(mm):800

総排気量(cc):124

エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒

最高出力(PS/rpm):8.8/7000

最大トルク(kgf・m/rpm):1.1/4500

燃料タンク容量(L):5.3

価格:¥440,000(税込)

カラー:グローイングレッド・マットフラスコブラウン

【問い合わせ】

ホンダお客様相談センター TEL.0120-086819

公式ホームページ www.honda.co.jp/CT125/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

ビームス BEAMS monomax モノマックス

BEAMSのトートバッグは創刊150号記念付録だからできた豪…