• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 9月号

8月6日(木)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【使ってみた】革クリーニングのプロが作ったレザーケア剤は“ホンモノ”か!?

先日掲載した「クラファンで達成率527%の大反響!革のプロが生み出したレザーメンテナンス剤に注目」という記事。革のプロフェッショナルである皮革専門クリーニング店「革水」が生み出したレザーサプリメント、レザーサプリメント プロというレザーケア剤について紹介したのですが、やはり実際に使ってみないことには……ということで、小中高と野球を続けてきて革を育てる、メンテナンスするという点でも“革付き合い”の長い筆者がそれぞれの使用感についてレビューしていきます!

まずは「レザーサプリメント」から!

「バッグや財布といった日常使いするレザーグッズを、日常的にメンテナンスできる一本。汚れ落とし、保湿を兼ねているため、これさえあれば身の回りのレザーケアは十分。」

とのことですが、まずは中身について見てみましょう。

無色透明、そして無臭。またありがちなレザーケアクリームやリムーバーとは異なり、シャバシャバとした水っぽい質感です。滑り気やベタつきはないので、実際に革へと塗布してもさらっとするのでは?といった印象。

日常使いするレザーグッズに適しているとのことでしたので、今回は“財布”と“レザージャケット”で試していきます。

*カーフレザーの財布

約1年ほど使用したカーフのスムースレザーの財布。ポケットに入れたり、手持ちだったり比較的にガシガシと使うタイプの人間なので、既に多々キズがあってお目汚しスミマセン。キズだけでなく、皮脂汚れによってテカリが出てきてしまっています。

レザーサプリメントをワンプッシュ。水のような質感なので広がりやすく、浸透も早い印象です。(※つけすぎ防止のためにもタオルや布につけてからの塗布が良さそうです)

ゆっくりと表面を撫でるように塗布していっただけでこの汚れの落ちよう!どれだけ汚れていたか、はひとまず置いておいたとしてしっかりと表面の汚れが拭き取れます。それだけでなく、クリームではないのでたくさん塗り込む必要もありません。

塗布前後を左右で比較してみるとテカリがかなり抑えられて、新品時に近いマットなカーフの質感に戻ってきました。また浅いキズは目立たないように感じます。適度な油分や水分を含んだことで革のハリが戻ったことで小キズが目立たなくなったのではないでしょうか。

この後、全体に塗布しましたがかなりスベスベになりました。皮脂汚れが落ち、革質も良好。ベタつきがない分、財布などの日常的に扱うもののメンテナンスにはもってこいですね。

*レザージャケット

牛革のジャケットです。こちらも新品購入後、1年ほど。財布とは違って出番は少ないので、あまり使用感は出ていませんが、細かいところのスレ、そして単純になかなかクリーニングに出せないので衣替えのタイミングでどうケアしようか悩むアイテムでした。

全体のケアというよりも汚れやスレで気になる部分へと塗布するといいのでは?と思い、今回はボタンホールまわりを選択。ボタンの開け閉めによりうっすらですがスレてしまっていました。

こちらにもワンプッシュ。財布は汚れを取るイメージで拭っていきましたが、こちらはスレなのでじっくりと塗り込む感覚で塗布しました。

油分量が調整されたことでスレ感が軽減したように感じます。こういったちょっとした部分を気をつけるだけで身だしなみの印象も変わりますし、革も長持ちするはずです。

続いて「レザーサプリメント プロ」を実践!

「例えば野球のグローブやバイク乗りのレザージャケットなど酷使したり、経年劣化で硬化してしまった革などに対して軟化性を強くした一本。プロ野球選手も愛用している。」

より本格的なレザーケアを主体とするレザーサプリメント プロですが、色がまず乳白色という違いがあります。

手に取ってみると、レザーサプリメント同様の水っぽいシャバシャバ感はありつつもしっとり感があります。保湿力の高い化粧水、といったところでしょうか。

またこちらは完全な無臭ではなく若干ワックス(学校の廊下に塗るような)のような匂いが感じられます。

酷使した革の保護やメンテナンスに適しているとのことでしたので、恥ずかしながら15年以上前からの相棒である野球のグローブに塗布してみたいと思います。

*野球用グローブ

もはや最初の色を忘れてしまうほど色褪せてしまっています。汚れやスレも当たり前のように染みついていて、放置した期間も長かったため硬化しつつある部分も……。

わかりやすい部分として今回は捕球面で試してみます。

塗布前です。定期的にメンテナンスは行うものの(約2ヶ月前にグラブ用オイルなどでメンテ済み)乾燥や硬化は進んでしまいます。

塗布後がこちら。色味が鮮やかになっているのと、しっかりと油分が補われてしっとりしているのが見てとれます。使用感はレザーサプリメントに比べると、広がりよりも浸透力が強いです。ただ普段使用しているグラブ用オイルやワックスよりもさっぱりとしてベタつきがない印象。革用の軟化剤も利用したことがありますが、そこまでではなくとも適度に柔らかさが蘇ります。

こちらはやはりデイリーアイテムへの利用というよりも専門的なレザーアイテム用ですね。長年使用しているレザージャケットやブーツなどにもいいかと思います。

まとめ

あくまでも日常的な汚れ落としやちょっとしたケアならば「レザーサプリメント」、そしてスポーツや長年使用してきた経年変化レザーなどのメンテナンスならば「レザーサプリメント プロ」が適していると感じました。さすがはクリーニング店目線でのケア剤、感覚としては肌ケアで言うところの“オールインワン”的な立ち位置の使い勝手の良さ。レザーサプリメント1本あれば、基本的なケアは申し分ないです。正直、期待を大きく上回る使いやすさと革馴染みの良さでした! レザーケア初心者や今、ケア剤を持っていない人にはぜひお試しいただきたい一品です。

レザーサプリメント 内容量:150ml ¥3000(税抜)

レザーサプリメント プロ 内容量:150ml ¥3500(税抜)

 

問い合わせ先:九州ホールセール(https://www.kawasui.com/ls)

 

取材・撮影・文/小林大甫

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス ジャーナルスタンダード JOURNALSTANDARD アイデア財布 長財布

コインの場所が一目でわかる!アイデア満載の使えすぎるおしゃれ…