• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

乗って試した!「ジープ コンパス」は街乗りが似合うラグジュアリーなモデルだった

アウトドアで大人気のジープの中で、「ジープ コンパス」はラグジュアリーな雰囲気で街乗りが似合う。ジープのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーのDNAを受け継ぎながら、 モダンに進化したプレミアムなモデルだ。

ワイルドなラングラーを大自然が似合うジープとするならば、ラグジュアリーなコンパスは街乗り、リッチな気分にひたりながら、二人でお出かけするのにちょうどいいジープだ。
エクステリアはジープらしいパワフルさと流麗かつダイナミックなボディデザインが特徴。走り出せば、進化したジープの魅力をすぐに体感できる。

力強い2・4L直4エンジンは、9速ATと組み合わされ街を驚くほど滑らかに走る。車線逸脱警報、前面衝突警報、ブラインドスポットモニターなど、最新の安全テクノロジーを搭載しているので、ドライブ中も安心して彼女とのおしゃべりを楽しめそうだ。

メーターパネル正面にあるマルチビューディスプレイが必要な情報をすぐに知らせてくれるので安心感も高い。広々したカーゴスペースは彼女が大量に買った買い物袋をまとめて収納可能。見て、乗って、遊んでもよし。ドライバーだけでなく、助手席の彼女も笑顔になるクルマ、それがコンパスなのだ。

 

エクステリアはジープらしいパワフルさと流麗かつダイナミックなボディデザインが特徴。
モダンにアレンジされたジープ伝統の7スロットグリルが印象的だ。

 

満足度の高いインテリアは非常にラグジュアリー。レザーとファブリックを組み合わせたコンビネーションシートは座り心地も快適だ。

さらに、オーディオナビゲーションシステムをスマホと連動させることで、音楽再生はもちろん、 電話、メッセージなどのスマホの操作が車載のディスプレイでできるのも嬉しい。
使い勝手がよく、初めてでも直感的に操作が可能。

 

こちらはジープの中でも特に優れた4×4性能を持つモデルに与えられるバッジ。
街乗りが似合うとはいえ、トレイルホークは、泥、砂、雪 道など荒れたオフロードでも優れた 走破性をいかんなく発揮してくれるのだ。

 

カーゴスペースも広々しており、沢山の買い物袋をまとめて収納できる。

週末の買い物や街乗りにぴったりな「ジープ コンパス」、ぜひお試しを。

 

【お問い合わせ】ジープフリーコール TEL:0120-712-812

コンパス・トレイルホーク 全国メーカー希望小売価格 ¥4,220,000(税込)
全長×全幅×全高=4410x1810x1665㎜ 

定員=5名  ●エンジン=直列4気筒マルチエア16バルブ  ●総排気量=2359㏄ ●車両重量=1630㎏  ●最高出力=129kW(175PS)/6400rpm  ●最大トルク=229N・m(23.4kg・m)/3900rpm ●駆動方式=4輪駆動(オンデマンド方式) ※撮影車両のタイヤはアクセサリー装着車
 

男性:スエードパーカ¥95,000/マーシャー、Tシャツ¥7,800/シーグリーン、ショートパンツ¥20,000/エイチアイピー バイ ソリード問以上すべてタトラスインターナショナルTEL:03-5708-5188 シューズ¥24,000/ガルモント問フラッグカスタマーセンターm0120-000-813 女性:ロングカーディガン¥26,000、ワンピース¥34,000/ともにフルイド問タトラスインターナショナルTEL:035708-5188 バッグ¥37,000/ヴァシック問タトラス&ストラダ エスト日比谷店TEL:03-6273-3400 サンダル¥7,300/アルコペディコ問アルコインターナショナルTEL:06-6563-7346

取材・文/岡藤充泰(ライトアウェイ)  撮影/植野淳(植野製作所)  スタイリング/栃木雅広(quilt)  ヘア&メイク/萩原典幸 モデル/タカシ、HICO

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…