• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

バイクをシンプルに楽しもう!

エントリーバイクとして存分に遊べる一台

 

 コロナ禍で、改めて生活を見直していくことが増えてきている。その中の大きなもののひとつが”移動”。密を避ける数ある移動手段の中でも快適な移動はもちろん、趣味として楽しめる可能性を秘めているのがバイクとなっている。そして折角、バイクを手にいれるのであれば、街乗りからツーリングまで、バイクライフを満喫できるものがベスト。さらにコストを抑えつつ、ちょっと人とは違ったものがいい。そんな風に考える人にピッタリのモデルを今回はご紹介。それが、微笑みの国として知られているタイのメーカーGPXのLEGEND250TWIN。その見た目は、一切の無駄を削ぎ落としたシンプルな飽きのこないスタイル。軽量で扱いやすいボディに元気なエンジンを搭載、コストパフォーマンスにも優れ、新たなバイクライフをスタートさせる相棒として候補に入れたい一台となっている。

鼓動感を楽しめ、元気な走りを生むエンジン

搭載するエンジンは、234ccの空冷4ストロークの2気筒エンジンで、力強い低速トルクとスムーズな回転で、初めて中型車両に乗るライダーからベテランライダーまでストレスがなく、快適な走りを味わうことが可能としている。また、エンジン自体の造形美を際立たせるためにブラックアウトも施されている。さらに、フューエルインジェクションの採用により燃費性能を高め、安定したエンジンフィーリングを実現している。そして、マフラーもパラレルツインらしい小気味の良いサウンドを奏で、ライダーの気分を盛り上げてくれる。

クラシカルなデザイン+モダンなシステム

ヘッドライトは、シンプルな丸目ながらも一目でLEGENDだとわかる個性的なデザイン&クリアな輝きを放つLEDを採用し、高い視認性を確保。また、丸みを帯びた美しいフォルムのタンクには、メタルエンブレムとタンクパッドが程よいアクセントとなり存在感を増している。クラシカルなルックスにモダンな前後ショックユニット&ブレーキシステムを採用し、高いコーナリング性能と安定したブレーキング性能を備え、見た目だけでなく、快適な走りも楽しめるマシンとなっている。

カスタムベースとしても最適

カラーリングは、スポーティなレッドとワイルドなブラックの2色を用意。またシンプルなスタイルが故に、バイクのもうひとつの醍醐味であるカスタムのベース車両としても楽しむことができる。オーナーの好みや自由な発想で、ネオレトロ、ミリタリー、トラッカー、ストリート、スクランブラー等、自分オリジナルの一台にすることも可能。手に入れれば、通勤・通学から週末の街乗り&ツーリングまで、日々の移動をきっと楽しく快適なものにしてくれる。

   

GPX LEGEND250TWIN

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):2040×800×1040

シート高(mm):790

総排気量(cc):234

車両重量(kg):154

エンジン:空冷4ストローク直列2気筒

燃料タンク容量(L):14.5

価格:¥459,800(税込)

カラー:レッド、ブラック

【問い合わせ】

GPX JAPAN TEL.050-1746-2535

公式ホームページ https://www.gpxjapan.co.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/GPX JAPAN

Model:Maya Photo:Yousuke Origuchi サポート:MFDモトフィールドドッカーズ、南海部品

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!