• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

京都のさまざまな最旬が詰まった、かつてないホテル宿泊体験! ポーっと時間を楽しめる空間「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」がオープン!

この秋、京都は梅小路公園沿い、京都水族館のお隣に「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」がオープンしました。JR西日本グループが提供する新ブランドのホテル「Potel(ポテル)」の第1号店です。

ホテルならぬ“ポテル”とは、「Port(ポート)」と「Hotel(ホテル)」の造語。港のように地域に根ざしながらも国内外の人々の出会いの場となることを目指し、様々なことが結びつき「ご円(縁)」を繋いでいくという意味が込められています。
そんな梅小路ポテル京都は、ただ宿泊する場所としてのホテルにとどまらず、多様な人々の出会いや体験をもたらしてくれます。

 

客室の外に飛び出せば広がるエンタメ空間

地上5階建てのホテル本棟と、地上2階建ての別棟からなる「梅小路ポテル京都」。
客室でゆっくりするのも魅力ですが、客室の外に出ると、さらに自由で豊かな時間を過ごせる空間が広がっています。

まず、2~5階の「あわいの間」は本・音楽・ゲームといったエンタメコンテンツを楽しめる場としてコーディネートされています。
壁一面に並ぶ本は京都の書店「誠光社」が、年代や国さえも越えて楽しめるゲームは京都のボードゲーム制作会社「TANSAN(タンサン)」が、レコードを生演奏のように楽しめる空間は「sonihouse(ソニハウス)」と「bud music,inc.(バドミュージック)」が、ポテルのためにセレクト&コーディネート。

 

横丁で麹の世界を味わう

宿泊客でなくても訪れることができる「梅小路醗酵所」は、麹をつくる麹室を併設。お酒から肴、スイーツまでいただける麹の小さなテーマパークです。

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)
醗酵食品をいただいたり商品を購入したりできるだけでなく、その麹を使用した醗酵食品造りなどのワークショップも開催。
舌で味わうことにとどまらず、全身でお酒と醗酵食品の世界を楽しめます。

 

銭湯で「ぽーっと」一息

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)

なんとホテルの中には銭湯「ぽて湯」も作られています。令和の時代にノスタルジーを感じながら、出会った方との会話を楽しんだり、疲れをリフレッシュしたりできる貴重な空間になっています。
「牛乳石鹼」とコラボしたオリジナルアイテムでさっぱりした後に、先ほどの横丁で醗酵飲料やお酒をいただけば、梅小路ポテル京都ならではの、のんびりとした時間を過ごせそうです。

 

こだわりの料理に舌鼓

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)

レストランでは、老舗料亭「下鴨茶寮」が提案する豊富なおかずから好きなものを選べる“ごはんがおいしくなる朝食”や、ランチ、お肉と野菜の素材を活かした炭焼きを楽しめるディナーまで、3食こだわりの料理を用意。野菜宅配サービスを行う「坂ノ途中」によって選び抜かれた野菜と自家畑で育てられたハーブを使用した、新鮮で味わい深い食事を楽しめます。

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)
またカフェでは、世界最高品質のコーヒーを追求する「MI CAFETO(ミカフェート)」が選んだコーヒーと、スリランカの最高級の茶葉を提供する「MLESNA TEA(ムレスナティー)」が選んだ紅茶をいただけます。さらにドリンクの味を引き立てるテリーヌも提供。
開放感あふれる店内でも、テイクアウトをしてお好きな場所でも、優雅な気分で特別なカフェタイムを満喫することができます。

 

あらゆるところで新たな出会いが生まれるホテル

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)

全国のクリエイターの作品を集めて販売する一期一会的なスーベニアショップ「Blank(ブランク)」は、様々な作り手による、今まで京都にはなかった新しいものでBlank=空白を埋めるショップ。
子供も楽しめる多目的スペース「Park(パーク)」は「京都シネマ」と上映会を行ったり、今後イベントなどを開催したりできる場所になっています。

 

ニーズに合わせて選べるお部屋

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)

窓からの景色や、和・洋タイプ、広さなど、それぞれ異なるタイプのお部屋を提供。ご自身の希望に沿ったお部屋を探してみてくださいね。

 

ポテル全体が、人と人、人とモノの新たな出会いや経験を作り出してくれます。「Go To京都」の際の選択肢のひとつとして。ちょっとしたお出かけの目的地としてにぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

 

【お問い合わせ先】
公式サイト
https://www.potel.jp/kyoto/
株式会社 JR 西日本 ホロニック
TEL:075 - 284 – 1100
Mail:kyoto @ potel.jp

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…