• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月9日(土)
1264円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

キングセイコー誕生60周年を祝う復刻モデルが限定で登場!

時計好きの心をくすぐるキーワードはいろいろありますが「アニバーサリー」や「限定」はかなり強力。さらに過去の名作が甦る「復刻」が加われば興味を惹かれずにはいられません。

そんな強力なワードを携えて、2021年1月22日から数量限定で販売されるのが「SDK A001」。2021年にセイコー創業140周年、そして1961年に誕生したキングセイコーが60周年を迎えることを記念して登場する注目のモデルです。

キングセイコーは現在その名を関したモデルはありませんが、1960年に誕生したグランドセイコーとともにセイコーの高級機械式時計の進化をけん引したブランドです。

こちらの写真で、ベースとなったモデルがわかった方はかなりの“亀戸製”ツウかと。

「SDK A001」は、1965年に発売された2代目キングセイコー「KSK」のデザインが現代の技術で復刻されたモデルとなっています。なぜ2代目かというと、初代モデルにはなかった防水性能や秒針を止めて時刻合わせが出来る秒針規制装置を備えるなどの進化を遂げたモデルだからです。アンティークウォッチ好きの心を今なおつかむ名作でもあります。

そんな名作が、現代の技術で普段使いできるのはやはり復刻モデルの魅力です。

こちらが復刻モデルのベースとなった1965年に登場したキングセイコーKSK。いまから55年も前に登場した時計ですが、3針のスッキリとしてシンプルなデザインは今見ても旧さを感じさせません。

こちらは新作のディテールです。エッジの立ったシャープなケースやガラス形状など、キングセイコーのデザインアイデンティティがしっかりと再現されています。

多面カットされた立体的なインデックスや太く長い針もそのまま。ライターカットが施された12時位置のインデックスにも注目!

ケースサイズは、36.7㎜→38.1㎜へ若干拡大されています。

りゅうずにはセイコーロゴと防水仕様を証明する「W」のマーク入り。

裏ぶたには、キングセイコーのブランドアイコン「盾」をモチーフとしたイエローゴールドカラーのクレストマークが入ります。

尾錠に刻まれたセイコーのロゴなど、細部までKSKのデザインが受け継がれているのです。

搭載されるムーブメントは自動巻きのキャリバー6L35。セイコーの現行機種で最も薄いムーブメントを搭載することで、オリジナルモデルのケースサイズに対して0.5㎜アップの11.4㎜に抑えられています。これによりスリムなフォルムと、優れた装着感までも再現。

用意されている本数は3000本ですが、国内、海外でも販売されるので日本の割り当てを考えると早めのチェックがおすすめです!

SDKA001

¥385,000(税込)世界限定3000本(2021年1月22日販売開始予定)
5気圧防水、機械式自動巻き(約45時間パワーリザーブ)、ステンレススチールケース、クロコダイルストラップ、サイズ38.1×11.4㎜

問:セイコーウオッチ(株)お客様相談室

 0120-061-012

キングセイコー“KSK” 復刻デザイン 特設サイト

この記事をシェアする

今月の特別付録

荷物によってサイズを変えられる!シップスの撥水ショルダーバッ…