• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

話題のハンズフリー次世代シューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」を履いてみたよ!

「ナイキ ゴー フライイーズ」と言えば、ハンズフリーでシューズの脱ぎ履きを実現した画期的シューズってことで、とっても話題のアイテムです!

去る2021年2月15日よりナイキの会員制サービス「ナイキ メンバー」の一部に招待制で販売開始されましたが、実際にご対面出来ましたので、早速お試ししてみました!

ナイキ ゴー フライイーズ ¥14,300(税込)

これまでにはファスナー仕様の「ジップアップ」、コードやストラップを引いてフィットさせる「プルタイト」、ヒールを踏み足を滑り込ませる「ステップイン」など、2020年の夏にナイキから登場した、シューズの脱ぎ履きが簡単できる「フライイーズ」シリーズがラインナップされて来ましたが、いずれも手を使う必要がありました。ところが今作では遂に、ハンズフリー化が実現! 手を使うことなくスムースな着脱ができちゃうってわけですね!

 

このシューズのスムーズな着脱を可能にするのが、開口部を大きく開いた時も閉めた時にもシューズを安定した状態に保つことができる、ミッドソールの中央部分に設けられた双安定性ヒンジ(ちょうつがい)。

 

さらにもう一つの特徴的なディテールが、ナイキ ゴー フライイーズ テンショナー(張力調整装置)。双安定性ヒンジとミッドソールのテンショナーによって、手を使わずに着脱を可能にする他、安定したホールド力でシューズと足の一体感を高めます。

 

“ヘの字型”になったシューズ足を入れた後、下に体重をかけるだけで自動的に足がホールド。

 


脱ぐ際にはソールのヒール部分を片方の足で軽く踏みながら、踵を上に軽く持上げれば、再びシューズがヘの字型に変形し、足を抜くことができます。

 

実際に履いて歩いてみたりしてみましたが、特に違和は無し! 足とシューズとの一体感はバツグンです! 子供や荷物で両手を塞がれたパパさんママさんから、キャンプ時のテントの出入りなど、様々なユーザーのライフスタイルやニーズに対応してくれる、とっても画期的な一足かですね。

2021年後半に一般販売予定とのことなので、初回販売で買い逃した方も、次回の発売に期待して下さいね!

 

NIKE カスタマーサービス:0120-6453-77


NIKE.COM

取材・文/本間 新

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…