MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

春から使いこなしたいスマートeBIKE4選

 移動手段として、もはや一般的存在となっている電動アシスト自転車(eBIKE)。そろそろ欲しいなと思い、いざ検討をしてみると様々な種類のモデルが出ていて、どれを買ったら良いものかと迷ってしまうという人もきっと多いはず。手軽に買える安価なシティサイクルとは違い、電動アシスト自転車は高価な買い物ということで、失敗はしたくない。またどうせ買うなら中途半端なものもちょっと。さらには、できればデザイン性の高いものが良い等、迷う要素が増えるばかり。そこで今回は、そんな理想に近づけるべく、機能性とデザイン性に優れ、春からスマートに使える4台を選んでみました。

ドイツ生まれの洗練されたスポーツeBIKE

ドイツの自転車メーカー「コラテック」の最新モデル。「コラテック」はPASSION OF CYCLING(走る歓び)を創業以来の哲学とし、これまで数々の独創的で質の高い製品を生み出してきている。そのメーカーが、新たな情熱を注ぎ、力を入れているのがeBIKEの開発。その中でも、乗り易さに快適さ、eBIKEらしさとスポーツ感、そしてアシスト感の全てを満たし、日本人のために設計されたのがこのモデル。

エレガントなスタイルにスマートな走りを備える

美しさと力強さを兼ね備えたフレームには、数々のこだわりと技術が注ぎ込まれている。快適な乗車姿勢を得るための長めのヘッドチューブをはじめ、振動を吸収して快適性をアップさせるシートステーの扁平化やフレームへのダメージを軽減させ、安定感のある駆動を実現するチェーンステー、そしてフレーム内にバッテリーを内蔵させながら強度と剛性を保つダウンチューブなど。またそのフレームに組合せたのが、ボッシュ製のモーター&バッテリー。アクティブラインプラスは、平坦な道から急な上り坂まで、違和感のないパワフルでスムーズなアシストを行い、スッキリと内蔵されたバッテリーは、コンパクトながらも最大160kmの走行を可能にした大容量を誇る。街乗りからツーリングまでアクティブ&スマートに使える一台となっている。

CORRATEC E-POWER SHAPE PT500 価格:298000円(税別)

【スペック】

サイズ:44cm、48cm

フレーム:アルミ

変則:シマノ社製10SPEED

タイヤ:700×32C

車両重量:19.5kg

走行可能距離:最大160km *エコモード

バッテリー容量:13.4Ah

充電時間:約4時間半

カラー:ブラック/シルバー

オートバイメーカー発のeBIKEブランド

「BENELLI(ベネリ)」は、1911年に創業したイタリアのオートバイメーカーで、スクーターからスーパーバイクまで幅広く展開をしている。そのメーカーが2011年に創立100周年を迎え、新たな展開としてスタートさせたのが、電動アシスト自転車事業。現在は、スポーツタイプのeMTBシリーズに加えて、普段使いに適したコンパクトな折りたたみタイプの展開も行っている。

ネオクラシカルなデザインが魅力

コンパクトなボディを雰囲気のあるクラシックテイストで仕上げたモデル。ドライブユニットは、アジア&ヨーロッパでも多く使用されているバーファン製のものを搭載、シングルギアながらもアシストレベルを4段階備え、路面状況に応じた快適な走りも味わうことができる。充電時間は4〜6時間で、lowアシストレベルで最長80km程走ることが可能。パーツにもこだわり、革調のグリップに専用タイヤ、本革サドル、そしてクラシックエンブレムでスタイリッシュな装いに。また折りたたみも簡単&スムーズ(わずか3秒)にできる。

BENELLI  mini Fold16 Classic  価格:¥158,000(税別)

【スペック】

フレーム:アルミ

変則:単速

タイヤ:16インチ

車両重量:16.8kg

走行可能距離:最大80km(アシストレベルlow) 

バッテリー容量:5.2Ah

カラー:ロッソ・ビーノ、ビアンコ・ラッテ

カジュアルでフレキシブルに使えるeBIKE

街のサイクルショップとして関東を中心に105店舗をチェーン展開しているサイクルスポットがオリジナルモデルとしてこの秋登場させたのがeBIKEが「eVITA(エヴィータ)」。街に溶け込むスマートなスタイリングにシマノ製の最新シリーズE6180を搭載。万が一バッテリーが空になってもモーターが停止した際のペダリング負荷を極限まで低減しているため、軽快な走行が可能となっている。またユニセックスモデルとなっているので、夫婦やカップル、家族で共有するのもアリ、街乗りを気軽かつ快適に楽しむことができるモデルとなっている。

安心感のある走りとお得感のある標準アクセサリ

足つき性の良い子ぶりなフレーム設計に加え、幅広かつソフトな座り心地のコンフォーサドルが安心かつ快適な走りを実現。また街中の段差も気にならないフロントサスペンションと多少凹凸のある荒れた道であっても安定した走行が可能な幅広のタイヤも採用されている。またスポーツモデルの多くは基本的にシンプルな設計となっていて、購入をした際、一般的な自転車に必要とされている装備がないことが多い。だが、このモデルには標準装備として、フロントのLEDライトやサイドスタンド、そして6mm厚ブレードのハイセキュリティロックが付いていて、ちょっとしたお得感も得られる。

eVITA 価格:¥199,800(税別)

【スペック】

フレームサイズ:430mm(適応身長155cm〜)

フレーム:アルミ

変則:シマノ社製9SPEED

タイヤ:650B×47C

走行可能距離:エコモード118km、ノーマルモード108km、ハイモード84km

バッテリー容量:11.6Ah

充電時間:約7時間

カラー:マットネイビー、マットシルバー

価格と性能を追求したエントリーeBIKE

「VOTANI(ヴォターニ)」は、2014年にオランダで生まれた比較的新しいe-BIKEブランド。スポーツeBIKEメーカー「BESV」のアシスト制御技術やフレームデザインのノウハウを集約。アシスト性能、デザイン性、機能性を高め、通勤や通学にショッピングなど、日常でより気軽かつスマートに活躍してくれるモデルとして、作り上げられたeBIKEとなっている。

モダン&スタイリッシュなデザインも魅力

「H3」は軽量アルミフレームを採用し、20インチのタイヤを装備、またBESVの先進のアシスト制御技術をオートアシストモードとして搭載している。扱いやすく、とりまわしの楽なコンパクトサイズながらも、アシストはパワフルで軽快な走りを楽しむことができる。フル充電(3.5時間)での走行可能距離は約80km。特徴的なセンターバスケットは、シャープな印象を与えるとともにバッグ等の荷物を載せることができ、活躍もしてくれる。その他にも快適な走行を実現するフロントサスペンションに視認性に優れる小型ディスプレイや街乗りでは十分な内装3段変速、オートライト機能や前後フェンダーも標準で備え、街乗りに最適な一台となっている。

votani H3 価格:¥132,000(税別)

【スペック】

フレーム:アルミ

変則:シマノ製NEXUS  内装3段

タイヤ:20インチ

走行可能距離:最大80km(エコ) 

バッテリー容量:7Ah

カラー:メタリックグレー、メタリックブルー

【問い合わせ】

コラテック

公式ホームページ http://www.corratec-bikes.jp/index.html

プロト

公式ホームページ https://www.benellibike.jp

サイクルスポット

公式ホームページ https://www.cyclespot.net/evita/

ヴォターニ

公式ホームページ https://votani.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/グローブライド・プロト・サイクルスポット・BESV JAPAN

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …