• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 5月号

4月9日(金)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRミスズ

マディソン・ニューヨークの時計が2万円台かつコスパ最強すぎる5つの理由!

マディソン・ニューヨーク「左)MA011006-6、右)MA011006-2」各 ¥20,900(税込) ケースサイズ34×50mm、3気圧防水、クォーツ

NY発の本格ファッションウォッチブランドとして誕生した「マディソン・ニューヨーク」。手に取りやすい価格帯と、昨今の腕時計業界の方向性を汲み取った外観で注目株に名乗りを上げるブランドです。

なかでも自慢の一品が、ブームド真ん中のアンティーク感溢れるスクエアケースモデルです!

印象に残るドレス感が誇りと色気を映し出す!

本格ドレスポ(ドレス&スポーツ)としてデビューした今作は、やや肉厚なスクエアケースとローマンインデックスがクラシカルな気分を一層高めるモデル。昨今のレトロな気分に合うのはもちろん、スマホで時間を確認できる現代だからこそ“ちゃんと時計してる感”を出すことの優位性を感じられる一本となっています。ムーブメントには信頼の高い日本製クォーツを採用するなど、機能に関してもこだわりは欠かしません。ここぞというときに頼りになる一本です。

なぜ、そこまで“推し”なのか? 5つの理由を説明します!

理由1. 1987年創業で30年以上実績のあるウォッチブランドだから!

マディソン・ニューヨークは1987年にニューヨークで創業し、現在はファッションウォッチの主要ブランドとして成長。大きく分厚い、目立つことが正義とされた時代を経て、北欧的でユニセックスなミニマム、そして今と、この10年で変貌を遂げた腕時計のスタイルを厚く経験してきたことで、旬を汲み取ることが得意に。2019年にはコレクションを一新し、アベレージ2万円かつハイコスパをコンセプトに掲げています。

理由2. こだわりの詰まったディテールが特徴だから!

美しいデザインへと促す直線形のギョーシェ模様や、スポーティな佇まいを加速させるリューズガードなど、ディテールへのこだわりも満載。マットめに仕上げたケースの磨き上げも秀逸なんです。

理由3. 手元で主張するしっかりしたサイズだから!

アンティークウォッチだと小ぶりがほとんどですが、本作はしっかりめのサイズ感でアプローチ。それにより手元のアイキャッチになり、クラス感のあるデザインが一際引き立つ要因に!

理由4. 自分好みの一本が見つかる豊富なカラー展開が魅力だから!

カラバリはレザーベルトが4 種、ステンレスタイプが5種。シックな手元を印象付けるモノトーンだけでなく、美しい発色のカラードも魅力的です。選ぶのがムズか……もとい楽しくなります!

理由5. オンでもオフでも使えるベルトバリエーションがあるから!

レザーとステンレスからベルトが選べる点も大きな魅力。自身の好みや服装に合わせたチョイスができるのはうれしいポイントです。どちらのベルトタイプも汎用性の高さは折り紙付き。

 

さらには、この本格クオリティでアンダー3万円という圧倒的ハイコスパを実現!

仕事も休日も、手元に誇りと色気を醸し出してくれる相棒として見逃せない逸品です!

ミスズ
03-3247-5585
公式ウェブサイトはこちら

文/小林大甫 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

この保冷バッグがすごい!マーモットの特大保冷トートは「2Lの…