• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【体験レポート】ラン活の新潮流⁉ レンタルランドセルを試してみた!

新年度が目前に迫り、新しい生活を始める準備で慌ただしく過ごしている人は多いでしょう。

そんな中、2022年に小学校へ入学する子供を持つ親世代のランドセル選び“ラン活”も本格化するシーズンです!

色もカタチもブランドも、色々あって選びきれない!

また大人数での外出を控えることが推奨されているご時世ですのつい先延ばししてしまいそうですが、「レンタルランドセル」なら自宅にいながらランドセル選びができるのです。

そんな注目のサービスレンタルランドセルを土屋鞄が今年から開始したというニュースを聞いて早速申し込んでみました。

ちなみにレンタル期間は2泊3日で、料金は3,000円と試しやすい設定です。

申し込みから返却までの流れは、

1.ランドセルをWEBページから選ぶ

2.必要事項を入力

3.ランドセルが自宅に届く

4.色や背負い心地を確認

5.返送

申し込むと当然ですが届きました!

段ボールを開けるとランドセルが丁寧に梱包されています。

返送用の伝票が同封されているので返送も手間いらずで簡単!

しかも発送、返送費用はレンタル料金の3,000円に含まれています。

屋内、屋外、日なたや日陰で色味チェック!

今回は子供のたっての希望で「プレミアムカラー 牛革 コーラルピンク 79,000円」をレンタルしました。

まずは屋内にて色味をチェック。続いて

屋外の日が当たるところ、日陰でもチェック!

色の見え方が変わってくるので、つい色々なところで試したくなります。

いろんな光の下で、時間を気にすることなくチェックできることはやはりレンタルランドセルの魅力です。

使い方や細かなところまでチェック!

このまま登校しそうなほどテンションの上がる娘を連れ戻して使い方の確認。

ひとりで開閉できるか、ファスナーの開閉、ノートや筆箱を詰めたりとこちらもいろいろと試せます。

さらに細かく、

 

背中やベルトのフィット感、

荷物を入れて階段の上り下りや、置き場所の確認などまでできちゃいました!

色選びの迷宮に迷い込んでしまいそうな予感!

カタチ、色ともとても気に入っていましたが、親としてはぜひ試してみたい色がある……

というわけで、実はもう1種類レンタルしていました。

一度の利用につきレンタルできるのは1種類のみなので、2種類以上試したい場合は複数回に分けての申し込みが必要です。

それが、「プレミアムカラー 牛革 ラベンダー 79,000円」。

モニターによって色の見え方が変わるので、ぜひ実物を見たかったのです。

 

こちらも屋内、屋外の日なたと日陰、そして背負ってチェック。

そして父親的イチ押しカラーに決定! 子供はコーラルピンクがとても気に入っているので心変わりの期待は薄いですが……。

レンタル前は2泊3日だと短いかなと思っていましたが、時間は充分で自宅でじっくり試すことができるのはやはり魅力的でした。

 

今回はコーラルピンクとラベンダーをレンタルしましたが、土屋鞄の2022年入学用モデルは8シリーズで61種類!

ぜひ悩みながらも皆さん楽しい時間を過ごしてください。

家族には内緒ですが、まだ1年以上も先のランドセル選びを今からスタート?なんて思っていましたが、レンタルランドセルを試すと気分が上がって率先して楽しむことができました。

腰が重めの父親、母親の皆さんまずはWEBサイトをのぞいて見てください。

きっと気分はラン活モード全開になるはずです!

 

土屋鞄 レンタルランドセル

http://tsuchiya.bz/rentalrando2022

レンタル期間:2泊3日

料金:3,000円

対象モデル:2022年入学用モデル61種類

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…