MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「ポール・スミス ウォッチ」20周年新作は、すみずみまでポールの遊びゴコロで溢れていた!

1995年に誕生し、毎シーズンコレクションを発表し続けている「ポール・スミス ウォッチ」。20周年の節目となる今年、思わず目を奪われる美しいコレクションが発表されました。

church street chronograph

Church Street Chronograph ホワイト/ ¥38,000 ネイビー/¥40,000 ブラック/\43,000

 

ポール・スミス自身も足を運ぶというチャーチ・ストリートで見つけた、アンティークのトランジスタラジオからインスピレーションを受けた「Church Street Chronograph」。

churchstreetchronograph3

美しい文字盤にはラジオのスピーカーをイメージしたパーフォレーションが施され、そこから除くコントラストカラーが、クラシックな中にカジュアルさを演出。

りゅうずやプッシュボタンの挿し色も美しく、エレガンスさを兼ね備える、幅広い顔をもつウォッチだ。

 

 

chiltern

Chiltern ブラック/¥83,000 ネイビー/¥78,000

ポール・スミスのサイクリングコースの名を冠した「Chiltern」。美しいデザインに機能性が備わった一本。

chiltern2

4色に分かれるグラデーションダイヤルは時間とともに移り変わる自然の美しさをイメージしたデザイン。クロームはスピードメーターからインスピレーションをうけ、ポールの遊びごころをのぞかせる。

またストラップのカーフレザーはサイクリンググローブを想起させるパーフォレーションが施され、見事にドレス感とスポーティーさが調和。高級感が漂うスイスメイドウォッチの「Chiltern」はドレスウォッチとしても優秀な逸品です。

 

「ポール・スミス ウォッチ」の特設ウェブページでは、新作の他、20年間の代表作を紹介。スペシャルコンテンツの「My Favourite, My Paul Smith WATCH ポール・スミス ウォッチと私」では、俳優の坂口健太郎さんや、モデルの水原佑果さん、建築家の谷尻誠さんが新作ウォッチの魅力をダイヤリー風に紹介。ぜひチェックしてください。

スペシャルウェブページ:http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-watch-the-20th-anniversary/

detail_cover

 

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【5万円以下の腕時計対決】人目を引く“ダイヤルカラー”が存在感抜群!時計のプロが推しの1本をプレゼン

プロが激推しするオメガ、グランドセイコー、カルティエの「永世定番モデル」ほか【一生モノ腕時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【5万円以下の腕時計対決】ビジネスシーンで絶対の“高見え時計”はコレを選べ!プロ激推しの新作時計トップ3

プロ激推しの「永世定番モデル」、手頃な価格で手に入る一生モノ ほか【腕時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【熱望されたオメガ傑作がついに】ダニエル・クレイグ着用で注目の的に!噂のムーンウォッチ“白ダイアル”がデビュー

【ハミルトンの新作ベンチュラ】元ネタはプレスリーのあの名曲!? 鮮やかなブルーの文字盤とスエード調ストラップがたまらない……!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!