• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

巨匠ハンス・J・ウェグナーの名作チェアのチークモデルを2脚限定販売!

北欧家具を中心にインテリアコーディネートと販売を行う東京・銀座の「DANSK MØBEL GALLERY( ダンスク ムーベル ギャラリー)」は、1955年にハンス・J・ウェグナーがデザインした「PP502 スウィベルチェア」の特別モデルを数量限定で販売します。

「PP502 スウィベルチェア チーク材モデル」
2680000円(税抜き)/限定2脚
サイズ:幅74cm / 奥行55cm /高さ66cm/座面の高さ40~46cm
木部:チーク材(クリアオイル仕上げ)
座面:スタンダードレザー(ブラック)

ハンス・J・ウェグナーは、“椅子の巨匠”とも称えられる20世紀を代表するデンマークの家具デザイナー。もともとが木工職人だったからこそ、木の使い方にこだわり、なおかつ、木の魅力を引き出したデザインを数多く生み出していました。

その中でも、木で表現する曲線の美しさを感じられる名作チェアと名高いのが、1955年にデザインされた「PP502 スウィベルチェア」なのです。

通常はオーク材・アッシュ材・チェリー材の3木種のみで展開していますが、今回販売されるのはチーク材。

この椅子がデザインされた背景は、ハンス・J・ウェグナーがデザインした「PP571 アーキテクツデスク」を初めて購入した医師から「このデスクに合わせてチェアをデザインして欲しい」という依頼を請けたことだといわれています。

「PP502 スウィベルチェア」が完成した1950年代は、全世界的に人間工学を考慮したチェアが主流になった時代。背もたれ・アーム部分の木部の流線形は、体へのフィットが実感でき、ベースに木材だけでなくアーキテクツデスクと同じスチールの素材を使用することで、デスクとの一体感を生み出しています。

現在ではもう作ることのできない 、チーク材仕様の名作! 圧倒的なクラフトマンシップを伝える木部の絶妙な曲線を堪能する絶好の機会です。

=詳しい情報はココをチェック!=
DANSK MØBEL GALLERY公式サイト
https://www.republicstore-keizo.com/dmg/

構成/編集部

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…