オモシロ文房具をレビューします!

2012/09/05

麻婆豆腐を作るとき

木綿豆腐VS絹豆腐 あなたはどっち!?

わたしは断然 絹派です!

では

文字の書き味

木綿豆腐VS絹豆腐 どっちが好み!?

何を言っているのかとお思いでしょう……実はコレ……

1

付箋なんです!

見た目はまるで豆腐そのもの、糊付き付箋紙「豆腐一丁」! へいお待ち!

さっそく開けてみましょうか。ペリペリ。
2
開封後も付箋紙ケースとして使える容器。リアルです。

「もめん」(250枚入り)の上に書いてみました。
3
表面の精巧な木綿模様をお見せできなくてごめんなさい!
わたしにカメラの腕が少しでもあれば……

非常に悔やまれるところですが、本当にこれ、笑っちゃうくらいそっくりですよ。
厚手の紙にエンボス加工がしてあり、ざっくりとした書き味です。
ボールペンでの筆記は苦手なのですが、これなら滑らず引っ掛かってくれるので、
いつもよりきれいな字が書けますね。

一方の「絹ごし」(320枚入り)は、薄手のしなやかな紙でつるっとした書き味に。
「もめん」よりインクを吸収してくれるのか、ゲルインキペンで書くのが気に入りました。
4
もちろん書いたらどこにでもペタッとできます!

この「豆腐一丁」はサイズを大小揃えており、
<大>¥598 <小>¥493 となっております。
「たまごどうふ」や「ごまどうふ」など、用紙の種類もいろいろあるんですよ~。

ちなみにオモシロ付箋ではこんな商品も。
5

海苔じゃない。「のりつき付箋紙」¥504

これまた芸の細かいパッケージ!

海苔を模した用紙はネオンペン等に適した色ですが、鉛筆を使えば角度によって文字がきらきら見え隠れするそう。ということで鉛筆で書いてみました。が、見えませんね(笑)
6

実はこう書いてあります。

<MonoMax10月号は まもなく発売! お楽しみに! >

表紙_納品用

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読