エイジングを楽しむならブロンズウォッチに限る!ボール ウォッチの「エンジニアⅢ ブロンズスター」は、さらにタフさもすごかった!

NM2186C-L1J-BK_caseback

ここ最近、腕時計のケース素材として再び注目を集めているのがブロンズ(銅)です。
銅は、使い込めば込むほど独特のツヤが出てくるのですが(10円硬貨を見ればわかりやすいですよね!)、そんな数ある銅合金の中でも、耐力に優れたアルミニウムブロンズを採用するのが、ボール ウォッチの新作腕時計、エンジニアⅢ ブロンズスターです。
NM2186C-L1J-BK

こちらのアルミニウムブロンズ、その名称を初めて聞いた人もいるかもしれませんが、過酷な環境に置かれる船舶部品にも使われており、硬さや耐食性、耐海水性、耐疲労、耐熱、耐摩耗でも優れた特性を持っています。
すなわち、経年変化を楽しめるとともに、高いタフさを備えているのです!

ボール ウォッチの腕時計とあって、タフさを追求するのは、屈強な素材選びだけにはとどまりません。
本作では、「SpringLOCK®」という耐震システムをムーブメントの機構として搭載。
精度調整の要であるひげゼンマイへの衝撃を最大66%カットすることを可能にしているのです!
SpringLOCK-2016-New-Generat

通常の機械式時計が衝撃を受けた際の残留効果は±60秒/日ですが、これにより±20秒/日まで抑えることに成功! すごい技術です。

また、当モデルでは、磁気から時計を守るため、ミューメタル製の耐磁インナーケースを搭載。
2013年にボール ウォッチが業界で初めて時計に採用したこの素材は、他のコレクションにも使用されてきましたが、耐磁インナーケースとして使われるのはこの「エンジニアIII ブロンズスター」が初めて。
従来の軟鉄製のものと比較すると、約6倍の80,000A/mの高耐磁性を実現。
スマホの磁気(22,400A/m)をも寄せ付けません!

●エイジングが楽しめる!
●タフさを実感できる!
●腕元で美しく輝くデザイン!
と、まさに三拍子揃ったハイクオリティウォッチを、ぜひご確認ください!

ボール ウォッチ
エンジニアⅢ ブロンズスター
2017年4月発売予定
¥230,000
NM2186C-L1J-BKNM2186C-N1J-BK
◆ムーブメント 自動巻(BALLキャリバー RR1102)/25石/28,800振動/パワーリザーブ約38時間 耐震システム SpringLOCK® セカンドジェネレーション
◆機能 時分秒針/日付・曜日表示/針・文字盤に14個の自発光マイクロ・ガスライト 耐衝撃性(5,000Gs)/耐磁性(80,000A/m)/100m防水
◆ケース アルミニウムブロンズ製 (直径43mm、厚さ13.45 mm)  ねじ込み式リューズ、反射防止処理済サファイアガラス ブロンズカラーの窒化チタン製バックケース
◆ブレスレット カーフストラップ 、NATOストラップ1本付属
◆ダイアル ブラック

問ボール ウォッチ・ジャパン TEL:03-3221-7807  http://www.ballwatch.com/

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読