ビクトリノックス・スイスアーミーから航空時計デザインの限定モデルがリリース!

2017/09/05

ダークブルー×レッドのハイセンスなデザイン

スイス国旗のブランドマークで知られる「ビクトリノックス・スイスアーミー」といえば、アウトドア用のマルチツールをイメージする人が多いでしょう。もともとは1884年に創業した刃物工房がスタートで、画期的な折りたたみ式のソルジャーナイフをスイス軍に納入するなど、ナイフメーカーとして成功を収めました。その後、ビジネスギアやトラベルバッグ、アパレルなど、本物志向のプロダクトを次々とリリースし、現在に至ります。

 

人気カテゴリーのひとつが腕時計で、1980年代から製造を始め、今では専用の工場を構えてクオリティの高いモデルを輩出しています。メンズ用は本格的なダイバーズウォッチからクロノグラフ、ビジネス向けのスタイリッシュモデルまでと幅広く揃えているのが特徴で、すべて時計の本場のスイス製ですから信頼性は折り紙つき。10月1日に発売(ビクトリノックス・ショップでは先行発売中)される新作、「エアボス メカニカル リミテッドエディション」も注目です。伝統的なパイロットウォッチの面影を色濃く残すエアボスシリーズの限定モデルで、駆動はゼンマイ式のオートマティック・ムーブメントを搭載。電池を使わないメカニカルな作り込みは、ケース裏側にセットされたシースルーのガラスを通して眺めることができます。その精緻さと作動を見れば、きっと愛着が増すことでしょう。

デザインは“無限に広がる海と空”にインスパイアされたもので、ダークブルーを基調とするスマートな外観。パイロットウォッチの特徴のひとつが、一瞬目を落としただけでも時刻を確認できる見やすさで、ダイヤルに浮かび上がったような力強いアラビア数字と時分針のコンビネーションにより、読み取りやすさは抜群です。ホワイト部にはスーパールミノバと呼ばれる蓄光処理を施しており、暗がりではグリーンに光って時刻の確認を助けます。さらに、秒針とガラス内側にプリントしたミリタリータイム表示(24時間表示)のレッドが、アクセントとして効いています。機能面では、6時の位置に日付カレンダー表示を備えているためビジネスユースにも適するでしょう。風防ガラスには硬質なサファイアクリスタルを使っており、小傷の心配が要らないほか、無反射トリプルコーティング処理も行っていて、日差しの強い環境下でもガラスが太陽光を反射せず、高い視認性がそのまま維持されます。

「エアボス メカニカル リミテッドエディション」は全2種類。着脱が楽で頑丈なフォールディングバックルを備えたファブリックストラップか、シックなステンレススチールブレスレットの2タイプから選べます。それぞれシリアルナンバー入りの世界限定250本で、専用のスペシャルボックスが付属します。モダンかつスタイリッシュなデザインなので、TPOを選ぶことなくオールシーンで着用できますし、レアな本数限定ということも購買意欲をかき立てられるところ。即完売も予想されるため、予約か見つけ次第の購入をお薦めします!!

 

「エアボス メカニカル リミテッドエディション」
Ref.241792(ダークブルーファブリックストラップ仕様) ¥140,000(税抜)
Ref.241793(ステンレススチールブレスレット仕様) ¥150,000(税抜)

航空母艦の離発着をコントロールする指揮官を指す「エアボス」の着用を想定したシリーズの最新限定ウォッチ。特別な研磨加工を施した42 mmの堅牢なステンレススチールケースに、高精度なスイス製のETA2824-2自動巻きムーブメントを搭載する。緻密な設計に基づく洗練されたダークブルーダイヤルが、ハイレベルな視認性とデザインを両立している。

ケースサイズ直径42mm●自動巻き●10気圧防水●中央にガラスをセットしたスクリュー式ケースバック●各世界限定250本●2017年10月1日発売開始(直営店ビクトリノックス・ショップでは先行発売中)

ビクトリノックス・ジャパン
03-3796-0951
https://www.victorinox.com/jp
取材・文/山口祐也 写真提供/ビクトリノックス・ジャパン

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読