SOTOのバーナーと100均のスキレットを使ってステーキを焼いてみた!

秋です。アウトドア+食欲の季節です!

家族や友人とわいわいキャンプも楽しいですが、最近ハマっているのがソロキャンプ。
道具を必要最低限にしながら、いかに気分を最高値まで上げられるか?がポイントです。魔法のダッチオーブンも、暖を取るための焚き火台もありません。

そこで、考えた結果……肉さえあればテンションは上がる!だろう、ということに気がつきまして、早速、道具を用意してみました。

ソロキャンプを充実させる強力ギア①

SOTOのマイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
¥8,000(税抜)

まずは火がないと始まりません。こちらのシングルバーナーは、独自の構造をしたバーナーヘッドで耐風性に優れているので、風の強い場所でも短時間で確実に熱することができます。おまけに寒さにも強く、外気温が20℃でも-5℃でも変わらない火力を発揮! 標準装備されている着脱式の小型3本ゴトクは、安定感を考慮して別売りの4本ゴトクにしました。
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/sod-310/

ちなみにバーナーをのせているテーブルはフィールドホッパーです。
小さく折りたためて便利です! 好きなステッカーを貼るのもオススメ。詳しくはこちらを。
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-630/

ソロキャンプを充実させる強力ギア②

ユニフレームのバーナーパッドM
¥1,200(税込)

バーナーの炎は1点に集中するので、クッカーの底は焦げがち。そこで、このバーナーパッドを! バーナーの火力を赤外線の熱に換えてくれる特殊耐熱鋼メッシュなので、これがあれば熱をまんべんなく伝えることができます。さらにゴトクの上に置くことで乗せるクッカーが安定します。
https://www.uniflame.co.jp/product/610688

 

ソロキャンプを充実させる強力ギア③

ダイソーのイモノステーキ皿
¥300(税抜)

この価格でちょうどいいサイズのスキレットを発見! ミニマルなソロキャンプにぴったりです。もちろん、シーズニングして準備しました。水洗い→空焚き→油塗りを数回繰り返すだけで、値段にかかわらず愛着が芽生えるから不思議です(笑)。売り切れ続出の人気商品だとか。

いざ調理開始!


始めは慣らし運転ということでソーセージを。バーナーパッドに熱が通ったところでステーキ皿をのせて待つこと数分。パチパチと焼きあがるいい音がしました。

続いてメインディッシュ!


キャンプ場の近くのスーパーで購入したOGビーフをのせて塩コショウをかけるだけ♪
いい香りがしてきましたー! 
焼きすぎず、ミディアムくらいですぐさまカット。

結論!

美味い! こんなに手軽に作れて、最高の気持ちにさせてくれるとは、想像以上でした。

これさえあれば、気持ちは豊か。これからソロキャンプを検討されてる方、ぜひトライしてみてください。おひとり様アウトドアステーキは、最高に贅沢なひとときを味あわせてくれますよ!

 
※この使い方はあくまでも編集部員が個人で使用した感想です。メーカーは、こんろ全体をおおうような大きな鍋や大きな鉄板などの使用は、過熱し爆発する恐れがあるため推奨しておりません。

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読