秋の空の下、うまいそばをたぐり、うまい日本酒を飲む、大人の贅沢イベントが開催されます!

2017/11/13

全国のそば処・酒処から至極の逸品が集合する、日本最大級のそばと日本酒のイベント「大江戸和宴 そばと日本酒の博覧会」が11月23日(木・祝)から26日(日)の4日間、代々木公園イベント広場で開催されます。全国のそば処から集結した職人が、選び抜いた素材を使い熟練の腕前を目の前で披露。打ちたて・ゆでたての絶品そばが楽しめます。さらに、日本各地の酒処から集まった日本酒も数多く販売。「旨いそば」と「旨い日本酒」という最高の相性を存分に味わえる、日本最大級の和の祭典です。

出店するそばはこちら!
・山形県新庄市の、新庄盆地特有の寒暖差が育んだ「最上早生(もがみわせ)」のそば
・福井県内で採れた特上そば粉のみを使用した十割そばを、大根おろしがたっぷりの出汁で食す「越前そば」。
・そばの作付面積と収穫量日本一の北海道から、「幌加内そば」。
・福島県からは、麺つゆに辛味大根のおろしを混ぜた辛つゆが特徴の「高遠そば」。
・静岡県から、大井川地下水で作った自家製そばと、富士山の麓で育った御殿地鶏の鶏出汁、天然のミネラルを多く含む平釜塩で味わう「静岡塩そば」。
他にも、長野県の「信州そば」、東京都の「奥多摩天然わさびそば」、新潟県の「韃靼そば」、群馬県の「とろろそば」、兵庫県の「出石そば」など全国有名そば20店が出店。
さらに、伝説のそば打ち職人、高橋邦弘氏の技を受け継いだお弟子さん達のお店が出店。高橋氏も特別ゲストで参加。時間限定で、伝説の技を披露します。

(写真はイメージ)

 

日本酒は、全国の酒蔵から100種類が集結! 搾りたて新酒や熟成秋上がりも数量限定で販売します。 今年は一部の銘柄で熱燗も提供されるそう。主な日本酒の銘柄はこちら!
・平成の幻と言われる山形県「十四代」。
・売り切れ必至の人気銘柄の一つ、福島県「飛露喜」。
・国内外の賞を総なめにする吟醸酒の雄・山形県「出羽桜」。
・香り高い吟醸香となめらかな口当たりの純米吟醸酒の千葉県「甲子」などを数量限定で販売。
その他、全国から実力派が勢揃いしています。岩手県「タクシードライバー」、宮城県「浦霞」、宮城県「一ノ蔵」、福島県「奥の松」、東京都「屋守」、長野県「真澄」、石川県「菊姫」、岐阜県「白川郷」、三重県「而今」、三重県「義左衛門」、兵庫県「都美人」、広島県「龍勢」ほか。

(写真はイメージ)

個人的に、「タクシードライバー」という銘柄に非常に興味を惹かれました。この酒は、岩手県の喜久盛(きくざかり)酒造が作った銘柄。デザイナーであり映画ライターなどでも活躍する高橋ヨシキさんの発案により命名されたそうです。名前の由来はもちろん、名作映画「タクシードライバー」から!

大江戸和宴 そばと日本酒の博覧会
■開催期間:2017年11月23日(木・祝)~26日(日)
■開催時間
23日(木・祝)15:00~21:00 
24日(金)10:00~21:00
25日(土)10:00~21:00
26日(日)10:00~18:00 ※開催時間は予定

■開催場所:代々木公園イベント広場 ※雨天決行、荒天中止

■参加料金
入場無料
そば:一律¥700(税込) ※トッピングは別途料金 
日本酒:コップ売り¥300~500(税込)

■お問合わせ:大江戸和宴実行委員会03-3265-8300(平日10:00~17:00)
※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

ライター/金山

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読