【異業種コラボ】まるで無重力!? 荷物が軽く感じる次世代リュックがデビュー!

2018/02/04

ポータークラシックと昭和西川が3年の歳月を掛けて開発!

吉田克幸・玲雄親子が2007年に設立し、「メイド・イン・ジャパン」にこだわり 「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げるライフスタイルブランド、ポータークラシック

良質な眠りと健康をプロデュースする、寝具メーカーの昭和西川

その両者が手を組み、3年がかりで画期的なシリーズ「ニュートン」が生まれました。ポータークラシックらしい本質的でモダンなスタイルを表現しながら、実はストラップ部分に大きな秘密が隠されているんです。

 

マットの技術をストラップに活用!

通常よりも肉厚でフカフカのショルダーストラップ。上写真の断面図を見れば、ピンとくるかもしれません。そう、昭和西川の「muatsu(ムアツ)」が使われているんです。

ムアツは、卵形の突起を施すことで圧力を放射状に分散する健康敷きふとん。47年前に発売されて以降、ロングセラーを記録している人気商品です。それをストラップに仕込んだのが、この「ニュートン」。突起が荷物の重さを分散してくれるので、疲れにくいリュックになっています。

発売前、100人以上の方に実際に背負ってもらってアンケートをとったところ、「荷物が軽く感じる」と多くの人が感じたとか。

「ニュートン」誕生のきっかけは、昭和西川常務取締役の西川ユカコ氏が「3.11の震災以降、重たいバックを持ち運ぶのが怖くなった」との想い。友人であったポータークラシック代表取締役の吉田玲雄氏は、「背中ではなく、肩にムアツを用いたらどうなるのか?」と考え、製作に着手しました。

奇しくも、吉田玲雄氏にとって祖父にあたる吉田吉蔵氏も、関東大震災でカバンの重要性に気づいて吉田カバンを興したといいますから、不思議なものです。

 

アイテムは全9型!

ムアツを採用したニュートンのアイテムは、全部で9種類。

価格は¥30,000~45,000(税込)で、ポータークラシック各店で2018年3月中旬から発売されます。

 

異次元の背負い心地、試せる日が今から待ち遠しいものです。

 

ポータークラシック銀座
03-3571-0099
http://porterclassic.com/

 

取材・文/横山博之 写真提供/ポータークラシック

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読