MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

日本の職人技が光る銀箔漆文字板! シチズンコレクションの機械式時計が美しい

シチズン時計株式会社は、どんなシーンにも合わせやすいベーシックデザインの腕時計を提案する『シチズンコレクション』から最新モデルをローンチ。
シチズンコレクション
銀箔と漆で仕上げた文字板が特徴の機械式時計を2021年10月下旬より発売開始します。

今回ラインナップするのは、「繭」の柔らかな白をイメージした「繭色(まゆいろ)」と、紅葉する森林の夕暮れ時、薄暮を表現した「鈍緋色(にびひいろ)」の2モデル。
シチズンコレクション

「繭色[NB3020-08A]」14万3000円/40.5㎜径/自動巻き+手巻き


繭のやわらかな白をイメージした「繭色」は、金属の上に白い漆を塗り、そこに銀箔をまぶすように載せ、さらに銀箔の上に白い塗装を重ねることで、表情豊かな白斑(しらふ)柄に
仕上げています。
バンドは、きめ細かで美しいつやのあるコードバンを採用。
シチズンコレクション

「鈍緋色[NB3020-16W]」13万2000円/40.5㎜径/自動巻き+手巻き


紅葉した森林の薄暮をイメージした「鈍緋色」は、漆を塗布した金属板に硫化させた銀箔を貼り、その上からぼかし塗装を施すことで、硫化銀箔の彩を斑柄に仕上げています。
バンドは、型押ししたカーフの革バンドを採用。

金属板に漆を塗り銀箔をまぶすように載せ、さらに塗装するという手順で、ひとつひとつ手作業で仕上げた文字板は漆の老舗「坂本乙造商店」との共同開発によるもので、ひとつとして同じものは存在しない、独特な風合いが楽しめます。

「繭色」はミラー仕上げ、「鈍緋色」にはミラーとマットの異なる仕上げを組み合わせたリーフ針を使用することで視認性を確保。
またともに10気圧防水を備えており、実用性の高さも魅力です。
6時位置の24時間計、10時位置のパワーリザーブインジケーターは、デザインのアクセントにもなっています。

=詳しい情報はココをチェック!=
シチズン公式サイト
https://citizen.jp/

構成/編集部

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…