MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく

執筆者:

クルマの窓ガラスをアップサイクル

クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく

 SDGs(エスディージーズ)が注目され、地球上の全ての生き物が安心して暮らせる社会への取り組みが行われている現在。使わなくなったものを再生して新しいものを作り出すというのもその取り組みのひとつ。その取り組みに少しでも貢献したいというクルマ好きの人にピッタリのアイテムをご紹介。それがクルマの窓を再生して作り上げられたグラス「カーウインドウズグラス」。富硝子株式会社が再生ガラスの魅力を伝え、自動車ガラスリサイクル率100%を目指す取り組みに挑戦。通常、廃棄されてしまう自動車の後席サイド窓を集めて再生し、オリジナルグラスを作り上げた。クルマとお酒を愛でつつ、環境問題にも協力できるというアイテム。お家時間を過ごす際も好きなクルマを感じることのできるこのグラスで一杯!というのはいかがだろうか。

「ドン・キホーテの画期的アイデア商品」猛暑の救世主になる?シャツが汗でびしょびしょにならない“インナータオル”の実力をドンキマニアがぶっちゃけレポート

クルマ好きに愛用してほしいグラス

クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく

クルマの窓ガラスを再生したグラス「カーウインドウズグラス」を展開しているのは、東京の下町、亀戸で1948年の創業以来70年以上もガラス工業に携わってきた富硝子株式会社。美しい東京都の伝統工芸品である江戸硝子やオリジナルブランドの”トミクラフト”、ひとつひとつに日本の手仕事を感じることができ、永く愛用できるアイテムを世に送りだしている。そして、これらの従来のアイテムとは異なる、環境への配慮とユニークなアイディアを組み合わせたのが今回のアイテムとなっている。

クルマの窓ガラスをアップサイクル

クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく

グラスに使用される素材は、北海道で回収された使用済みの自動車を解体・分別。回収された窓ガラスを小樽市の工場で再溶解し、ひとつひとつ職人が魂を込めて吹き、グラスに生まれ変わらせる。すっきりとしたシンプルなフォルム&260mlのサイズ感が使いやすく、底肉が厚めでガラスの色合いも楽しむことができる。後席サイド窓を使うことで生まれるスモークカラーがクールな雰囲気を醸し出す。またクルマにちなんで、ナンバープレートやスタイリッシュにアレンジした名前を刻印できる。

クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく クルマを感じるグラスでお家時間も楽しく

これまで埋め立て処分されることが大半だったクルマの窓ガラスをグラスにアップルサイクルすることで、日常への循環をはかる取り組み。クルマ好きな人の愛用グラスとして、また納車の記念やクルマ好き&お酒好きな人への各種お祝い等の贈り物にも最適なアイテムとなっている。

カーウインドウズグラス

ロックグラス

価格:5500円(税込)

Tomi CRAFT/小樽硝子

【問い合わせ】

富硝子株式会社:03-3683-5731

公式ホームページ:https://tomi-glass.online/products/an820-number

取材・文/安室淳一 写真提供/富硝子

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!