MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    約半世紀ぶりに南極へ!セイコーの「1968ダイバーズ」が復活!

    セイコーウオッチは、セイコー プロスペックスから「1968 メカニカルダイバーズ」を最新技術で現代的にアレンジした数量限定モデルを2022年1月14日(金)より販売開始します。

    「1968 メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean 限定モデル」
    50万6000円/自動巻(手巻つき)42.6㎜径/200m空気潜水用防水/パワーリザーブ 約50時間/世界限定1300本

    セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出してきました。
    1966年から1969年にかけては、日本の学術発展および国際協力事業の一環として、南極地域の観測を行うために派遣する「南極地域観測隊」の装備品として4回にわたって寄贈されるなど、その後も地球のあらゆる過酷な環境下で多くの冒険家、探検家に使用されることで、高い信頼を獲得しています。
    1968年当時のメカニカルダイバーズ
    中でも、1968年に発売されたメカニカルダイバーズは、セイコーダイバーズウオッチの歴史を語る上で欠かすことができません。
    1968年当時としては世界最高水準の10振動ハイビートムーブメントを、裏ぶたのないワンピース構造の300m防水ケースに搭載した画期的なモデルでした。

    このマイルストーンに、現代的なデザインアレンジを施し、外装素材やムーブメントに最新技術を用いることで、オリジナルモデルの革新性を継承しながら、更なる進化を遂げた新モデルが誕生しました。

    「1968 メカニカルダイバーズ」の特徴である、上下のかん足を美しい鏡面で繋いだ流線型のフォルムを継承しながらも、そのスペックは約50年の時を経て大きな進化を遂げています。
    ケースとベゼルはもちろん、りゅうずに至るまで、世界最高レベルの耐食性と、白く美しい輝きを放つステンレススチール素材「エバーブリリアントスチール」を採用。
    プレミアムスポーツウオッチとして、長期使用に耐え得る外装素材を使用すると同時に、ねじロック式りゅうずの内部構造には「着脱巻真パイプ構造」を採用しています。

    りゅうずが直接ケースではなく、ねじ溝が切られた専用パーツを介して固定されることで、ケース寿命が飛躍的に向上。
    ムーブメントには、雫石高級時計工房において製造されるダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー8L35を採用することで、腕時計としての基本性能が大幅に向上しました。

    ダイヤルには、壮大な南極の氷床を表現。南極の大地を覆う氷床の壮大な景観をブルーグラデーションの型打ちダイヤルで再現しています。
    内面無反射コーティングを施したデュアルカーブサファイアガラスに加え、インデックスと時分秒針に塗布されたルミブライトによって、あらゆる環境下で高い視認性を担保します。

    ストラップには、1968年当時のオリジナルモデルに使用されていた、特徴的な凹凸形状のテクスチャを再現していますが、材質は紫外線や汗、皮脂による劣化の少ない強化シリコンに改め、高い強度を実現しています。
    また、「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技法で編み込まれた、ブルーの付替用ファブリックストラップが付属します。
    タフな使用環境での長時間使用にも耐え得る耐久性を有するだけでなく、袋状に編み上げる構造と、糸を斜めに織り上げることにより、肌当たりの良い快適な装着性と上品な仕上がりで審美性も兼ね備えています。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    セイコーウオッチ公式サイト
    https://www.seikowatches.com

    構成/編集部

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…