MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月8日(土)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

テーブルやデスクで気軽に育てるグリーン

土を使わない観葉植物「Table Plants」

 グリーンは見ることや育てていくことで気持ちを穏やかにしてくれたり、また癒しを与えてくれる効果もあり、日々のストレス等を少なからず和ませてくれる。コロナ禍でグリーンをはじめる人が増えているが、興味はあるも、グリーンを育てることへの育てることの難しさや面倒な部分が気になってしまい、いまいち手を出せないという人は結構多い。今回はそんな人にも楽しく手軽にグリーンを楽しめる商品をご紹介。それが、植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnap株式会社が2021年9月に登場させた土を使わずスポンジとカップで育てる観葉植物シリーズ「Table Plants(テーブルプランツ)」。これなら、ちょっと迷っている人もきっと気軽にグリーンをはじめられるはず。グリーンが気になっている皆さん、まずはここからはじめてみてはいかがでしょうか。

お手軽にグリーンのある生活を楽しむ

コロナ禍でテレワークやおうち時間が増え、長い時間を過ごすデスクやテーブルにグリーンを置き、自然と視界にグリーンが入る環境を作りリフレッシュをして欲しいという想いから誕生した「Table Plants(テーブルプランツ)」。その大きな特徴は、土の代わりにスポンジを使用し、グリーンを手軽に楽しむことができるということ。土を使うと、触ったり、倒してしまった際に手やテーブルが土で汚れてしまう。それが嫌だという人も多い。その点、スポンジだと汚れる心配もなく、テーブルやデスクに置いて気軽に楽しむことができる。またクリアカップを使用しているところもポイントで、意外と難しい水やりのタイミングも水が無くなったのが分かりやすくて管理も簡単となっている。

人気のある品種9種類から選ぶことが可能

販売されている品種は全9種類で、月間最大1100万人が利用するGreenSnapが運営する初心者からベテランまで楽しめるようにと幅広いグリーンを取り扱うオンラインショップ「GreenSnap STORE」の中でも人気の高い品種となっている。グリーン初心者でも手間がかからず、気軽にはじめられ、さらに育て方について悩みがある場合には、GreenSnap STOREがサポートもしてくれるのもポイント。お手軽にグリーンライフをはじめることができるアイテムとなっている。

基本的な育て方や管理方法は、頻繁に水をあげる必要はなく、カップの水がなくなったら水をカップの2/3程度入れる。また置き場所は室内の直射日光のあたらない場所へ。もし、葉が黄色くなってきたら、市販の液体肥料を適量与えればOK。

Table Plants

種類:ガジュマル(上段左)、パキラ(上段中央)、ドラセナ(上段右)、サンスベリア(中段左)、ポトス(グローバルグリーン)(中段中央)、ポトス(エンジョイ)(上段右)、ポトス(下段左)、アンスリウム(下段中央)、パキラ(実生苗)(下段右)

サイズ:3号 高さ約20cm   幅約10cm

価格:¥1,980

【問い合わせ】

GreenSnap 

公式ホームページ https://greensnap.co.jp

GreenSnap STORE   https://greensnap.co.jp/products/toy15057

取材・文/安室淳一 写真提供/GreenSnap

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

トラディショナル ウェザーウェア 12大機能トートバッグ

12個の便利な機能! トラディショナル ウェザーウェアのトー…