MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

モノマックス10月号通常号

モノマックス10月号通常号

2022年9月9日(金)発売
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

2022/01/27 12:00

Vツインの鼓動感が心地良いスズキのスポーツネイキッド

ビギナーからエキスパートまで楽しめるマシン

近年、人気上昇中のバイク。まだまだ寒さは続くが、春になったらバイクを手に入れたいと考えている人もいるかと思う。その中には、実は大型二輪免許を持っていて、復活したいというリターンライダーもいるはず。ただ、いきなり大きなバイクを手に入れるのも不安がある。そこで今回は、扱いやすいサイズ感に飽きのこないシンプルなデザイン、そして爽快な走りと心地よいサウンドを楽しめる一台をご紹介。

それがスズキのロードスポーツバイク「SV650ABS」。”THE”オートバイを感じさせてくれるネイキッドスタイルのボディに、扱いやすくもパワフルさも感じられる650ccのエンジンを搭載、軽快なハンドリングと俊敏で力強いスロットルレスポンスを備えながらも、リターンライダーや大型バイク初心者でも楽しく乗れ、普段使いも快適なマシンとなっている。

スリムで扱いやすいスマートデザイン

大型免許で乗るバイクというと、大きくて重いという印象を持つ人が多い中、このモデルはメリハリのあるスリムなボディで、車重も199kgと軽量。大型初心者や女性、またブランクのあるリターンライダーでもあっても、扱いやすく、乗りやすい。さらに軽量なボディは、俊敏な加速や軽快なハンドリングにもつながるという大きなメリットもある。

飽きのこないバイク然としたオーソドックス&シンプルなデザインも魅力で、ライダーの幅広い格好にもマッチしてくれる。また、スリムながらも14Lの容量を確保した躍動感のあるタンクやボディのアクセント&Vツインエンジンを強調させるトラスパイプフレームもポイントとなっている。

快適な走りと心地よいサウンドを両立

スリムなボディに搭載されるのは、低速、中速、高速と全回転域で快適かつ刺激的な走りを生み出す650ccのVツインエンジン。低回転域では独特の鼓動感&トルクフルな走り、中回転域では力強い立ち上がり、そして高回転では伸びのあるシャープな加速を発揮。その出力特性はスムーズ&コントローラブルで、ライダーの思い通りにパワーを引き出してくれる。

また高い燃費性能を実現するデュアルスパークテクノロジーや発進時や低回転走行の際、エンジン回転の落ち込みが緩和されてスムーズな走りをサポートしてくれるローRPMアシスト機能も搭載され、大型ビギナーやリターンライダーもその走りを存分に楽しむことができる。

楽しい走りをサポートする充実装備

快適な走りにつながる装備も充実。回転数やギヤポジション、スピードといった基本情報を一目で確認できるシンプルかつ視認性に優れるLCDを採用したインストルメントパネルをはじめ、自由度の高いアップライトなライディングポジションと高い足つき性を実現するシートや被視認性とシャープな見た目を両立させた2灯式のLEDテール&ストップランプ。

足まわりも快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを両立させる前後サスペンションにウェット性能と接地感に優れ、素直なハンドリングに寄与する5スポークのアルミキャストホイールとラジアルタイヤの組み合わせ、そして、強力な制動力とスムーズなブレーキ操作を発揮してくれる前後ディスクブレーキとABSユニットがライダーに安全と安心を与えてくれる。

精悍さとダークな雰囲気を併せ持つXタイプもラインナップ

  

SV650シリーズには、レトロな雰囲気のカフェレーサータイプも展開。こちらはSV650ABSをベースとして、ヘッドライトカウルにセパレートハンドル、そしてシート座面が立体感のある仕上げのタックロールシートが特徴となっている。

ボディカラーはグラススパークルブラックとなり、レバーやフットステップ、マフラーもブラックアウトされて精悍な雰囲気。さらにオプションでヘッドライト下にフォグランプも装着できる。男らしいスタイルが好みというライダーには是非こちらをオススメしたい。

SV650 ABS()はSV650X ABS

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):2140×760(730)×1090

シート高(mm):785(790)

総排気量(cc):645

エンジン:水冷4ストロークDOHCV型2気筒

最高出力(PS/rpm):72/8500

最大トルク(kgf・m/rpm):6.4/6800

燃料タンク容量(L):14

価格:¥803,000(税込)Xは¥847,000

カラー:グラススパークルブラック、グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト、マットブラックメタリックNo.2 *Xはグラススパークルブラックのみ

【問い合わせ】

スズキ お客様相談室 0120-402-253 

公式ホームページ www1.suzuki.co.jp/motor/

取材・文/安室淳一 写真提供/スズキ株式会社

ライター/安室淳一

ライター/安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

Instagram:@freerider1226

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ付いてくる!

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ…