MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

フレキシブルに使える万能ナナハン

快適すぎる!?ミドルスポーツモデル

 大型バイクへの憧れはあるも、同時に大きな車体やパワフルなエンジンへの不安が頭をよぎり、購入や乗ることを諦めてしまう人は意外と多い。それならば、街乗りや一般的なツーリングといった常用域では大型バイクと遜色なく、大型バイクよりも軽量で扱いやすくて便利な中型バイクを選択肢に入れてみるというのはいかがだろうか。今回は初心者やリターンライダーからベテランライダーまで、快適に使える一台をご紹介。ホンダの「NC750X」は、市街地走行やツーリングで扱い易く、快適で味わい深く燃費性能にも優れたミドルクラス(排気量500cc〜750cc程度の中型車)のモーターサイクルを求めやすい価格で提供したいという想いから生まれたモデルの流れを汲む車両で、新型は「さらにアクティブな毎日へといざなうクロスオーバーアーバントランスポーター」をコンセプトにフルモデルチェンジ。モダンなスタイルをはじめ、視界に優れるアップライトなポジション、力強くも扱いやすいエンジンにとりまわしが楽な低重心の車体パッケージ、そして使い勝手の良いラゲッジスペース等を備え、幅広いバイク活用シーンをカバーし、フレキシブルに活躍してくれる一台となっている。

アクティブなイメージを強調したスタイル

従来のアクティブなスタイルをより進化させたデザインとなった新型モデル。軽量化による運動性能と最高出力アップを外観で印象づけるため、サイドパートのシュラウドを中心としてフロントパートを目立たせ、レイヤー構造とすることで軽快感を演出している。また主体色を適用するパーツを車体前方上側に寄せることでアクティブさを表現し、さらに傷の目立ちにくい着色樹脂パーツを要所に取り込んでタフさを主張、マットシルバー仕上げも異なる質感を醸し出してくれる。そしてフロントまわりは、コンパクトながらも十分な明るさを持つ専用デザインのLEDヘッドライト、左右のシグネチャーランプと組み合わせたロービーム、ガーニッシュを挟んで下方に独立させたハイビームなど、特徴的な光源配置によって存在感を示している。

走りの楽しさを引き出すエンジンと快適な機能

搭載するエンジンは、軽量でコンパクトな745ccの水冷直列2気筒で、新たに設計されたピストンや軽量化、吸排気系の見直しによって、燃費性能を出力がアップ。街乗りライダーに嬉しい、デイリーユースで扱いやすい仕様となっている。また、ライダーはスロットルとブレーキの操作に集中し、より安全は走りを楽しむことができるクラッチ操作とシフト操作を自動化させたデュアル・クラッチ・トランスミッション仕様のモデルも用意されている。通常のMT仕様のモデルには、クラッチレバー操作の荷重を約30%軽減させ、シフトダウンによる急激なエンジンブレーキによるショックやリヤタイヤのホッピングを緩和させるアシストスリッパークラッチが搭載されている。

快適なライドをサポートしてくれる充実装備

ライダーに嬉しい、快適な走りをサポートしてくれる機能や装備も充実。メーターは、視認性に優れる専用の大型メーターを採用。機能や情報別に表示エリアを分けることで豊富な情報を直感的に把握しやすいように配置されている。また、従来燃料タンクのある位置には、フルフェイルヘルメットも収納可能な容量23Lのラゲッジボックスを装備、そのほか、LED化された灯火類やETC2.0に冬場のライドに嬉しいグリップヒーターや急ブレーキをいち早く後続車に伝えるエマージェンシーストップシグナルも採用している。さらにアクセサリー類も充実し、旅も存分に楽しむことができるようになっている。

HONDA NC750X ()はNC750X DCT

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):2210×845×1330

シート高(mm):800

車重(kg):214(224)

排気量(cc):745

タンク容量(L):14

最高出力(PS/rpm):58/6750

最大トルク(kgf・m/rpm):7.0/4750  

カラー:グランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック

価格:92万4000円(99万円)

【問い合わせ】

ホンダお客様相談センター TEL.0120-086819

公式ホームページ https://www.honda.co.jp/NC750X/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…