MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

広末涼子さん「ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち」発売記念!特別インタビュー!

女優、広末涼子さんが初の著書を発売! 

女優、広末涼子さんが初の著書『ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち』を発売!その発売を記念して、MonoMaxでは特別インタビューを実施。MonoMax読者と同世代の広末さんが綴る一語一語は、時にほっこりし、時に深く刺さります!

広末涼子,ヒロスエ,ヒロスエの思考地図しあわせのかたち,ヒロスエの思考地図,エッセイ,初エッセイ

この本で少しでも元気になってもらえたら嬉しい

「不惑と言われる年齢になりましたが、『四十にして惑わず』かというと、全然迷いまくってます(笑)」
そう言いつつ、屈託のない笑顔を見せる広末涼子さん。女優として活躍する一方、家庭では妻や母としての顔も持つ。そんな彼女の初の著書は、過去の偉人が残した言葉にフォーカスし、今の自分の思いや生活の中で大切にしていることなどを綴ったエッセイだ。

「私が人生の中で悩んだり、自分探しをしたり、壁に直面していたり……。そのときに読んでいたのが哲学書でした。何か、答えに近いものを教えてくれたような気がしたんです。そのときの気持ちを思い返し、哲学者の言葉を入口として、自分が大事にしているエピソードを書いてみようと思ったんです。私と同じように迷っている人が、失敗しても惑ってもいいんだと思ったり、私の失敗談でクスッと笑ったり、私なりのポジティブな発想でちょっとでも元気を出してもらえたら嬉しいですね」

掲載されている言葉は前向きなニュアンスの言葉が多いが、今の状況にピッタリと刺さる言葉もある。ヴァルター・ベンヤミンの言葉だ。
「『夜のなかを歩みとおすときに助けになるものは橋でも翼でもなく、友の足音だ、ということを、ぼくは身にしみて経験している。ぼくらは夜のさなかにいる』。
最後の『ぼくらは夜のさなかにいる』という言葉にゾクッとしたんです。
ヴァルター・ベンヤミンは私たちよりずっとシリアスな時代を生きた人ですが、私たちも今そういうときなのかもしれないと思ったんです。

コロナ禍が2年以上も続き、最近は戦争のニュースもありました。それらはもちろん悲しいけれど、心のどこかで、『自分は大人なんだから、仕方ないことだとあきらめて、受け止めざるを得ないんだ』と思っていました。
やっぱり結構ショックを受けたりストレスを感じたりしたみたいで……。
それを実感する瞬間が最近もありました。子どもの音楽会を見に行ったのですが、子どもたちみんなの歌声に涙が止まらなくなったんです。子どもたちがストレートに歌う声に心が洗われたような気がして。『ああ、やっぱりコロナや戦争が自分が思っている以上に辛かったんだな』と気づかされましたね」。

友達の存在は本当に大きい。いつも助けられてきました

そんな辛い“夜のなか”を歩くとき、助けになるのは友の存在であると結ぶくだりも気に入っている。
「『橋でもなく、翼でもなく友の足音だ』という一文は、すごく詩的でドラマチックですよね。
私は本当に友達に助けられてきました。特に学生のときは友達の存在が大きくて、中高生時代はある意味親よりも影響力があったので、エッセイに友達についてのエピソードは結構書いています。今はコロナ禍だし、みんな家庭があるから全然会えないんですけど、学生時代を一緒に歩んできた友達って、どんなに会っていなくても、会った瞬間ピタッとその頃に戻れるんですよね。
その人たちの存在があるからこそ、今のこの状況や家庭のことも頑張れるんですよね。だから友達にはとても感謝しています」

子どもにはたくさん『ありがとう』を言います

現在、広末さんは3人の子の母親。エッセイには家族のエピソードも多く、その一つ一つが、家族への愛情に満ちている。
特に一番下の子のエピソードはその子がまだ幼いこともあり、広末さんが我が子をどれだけいとおしく思っているかが瑞々しく伝わってきて、読み手の感情を強く揺さぶってくる。
「でも私、一番上の子が小さいとき、子どもにうしろめたさというか、もっとあれもこれもしてあげたいのに……、という気持ちを持っていたときがあったんです。仕事をしていて、ずっと一緒にいられるわけじゃないから。そんなある日、幼稚園の園長先生から『ごめんねって言わないでください、お母さん』と言われたんです。『お迎えが遅くなってごめんね、と言う必要ないです。だってお母さんは子どものために働いているんだから。待っててくれてありがとう、はいいけど、ごめんね、とは言わないで』と。
それを聞いて、自分も働いている背中を見せるという意味では、子どもに申し訳なく思うことはないんだと気づいたんです。心が軽くなりましたし、それからは『ありがとう』をたくさん言うようになりました」

本書には、広末さんが尊敬してやまない女性たちの言葉も入っている。オードリー・ヘップバーン、ココ・シャネル、岡本敏子、桃井かおりなど……。
「時代を切り開いてきた人たちは自分の価値観がしっかりしているから、言葉にもエッジがきいていて魅力的ですね。私は桃井さんが大好きなんですが、彼女の言葉は名言がいっぱい。桃井さん語録を書き留めておきたいほど(笑)。20歳の誕生日にプレゼントをもらったんですけど、一緒に入っていたカードに『ヒロヒロ~、エッチで賢い女の人になってね』と書かれていました。当時は全然意味がわからなかったんですけど(笑)、きっと桃井さんが持っているキュートさとセクシーさと芯の強さを私に伝えてくれてるんだと解釈して、かっこいいなと思って今も覚えています。いつか、そんな女の人になれたらいいですね(笑)」。

 

『ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち』
広末涼子 著 宝島社 4月14日発売

広末涼子,ヒロスエ,ヒロスエの思考地図しあわせのかたち,ヒロスエの思考地図,エッセイ,初エッセイ

右:通常版 ¥1,650/左:特装版 NFTデジタル特典付き版 ¥2,640

哲学者が残した言葉や尊敬する女性たちの言葉を広末さんがセレクトし、約2年かけて自身の思いを綴った書き下ろしエッセイ。これまでの人生に起こった出来事や子育て・家族の話などを、心に響く様々な言葉とともに投げかける。
詳しくはこちらから

広末涼子,ヒロスエ,ヒロスエの思考地図しあわせのかたち,ヒロスエの思考地図,エッセイ,初エッセイ

広末涼子
1980年生まれ、高知県出身。小さい頃から水泳やミニバスケットボールなどに打ち込むスポーツ少女として育つ。14歳でデビュー後、ドラマ、映画、CMなどで活躍し、『鉄道員』『おくりびと』などヒット作にも数多く出演。日本アカデミー賞をはじめ、受賞歴も多数。プライベートでは3人の子どもを持つ母親として、家事育児に奮闘する。出演する映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』が2022年6月17日に公開予定。

ワンピース¥39,600/アンスリード問:アンスリード青山店 TEL:03-3409-5503 パンプス¥97,900/クリスチャン ルブタン問:クリスチャン ルブタン ジャパン TEL:03-6804-2855

取材・文/金山 靖 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/岡本純子 ヘア&メイク/倉田明美(THYMON Inc.)

MonoMax編集部

MonoMax編集部

カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

Twitter:@monomaxweb
Instagram:@monomax_tkj

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求した長財布!【付録速報】

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…