MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    Knot(ノット)の国産機械式スポーツモデルがさらにラグジュアリーなデザインに!

    Knotは20気圧防水の国産機械式時計「AT-40S」をフォーマルスタイルで使いやすいデザインにリニューアルした新モデル「AT1-40S」をローンチ!
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    2022年6月24日(金)より予約販売を開始しました。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計

    「AT1-40S」各7万9200円(ストラップ別売り)/CITIZEN MIYOTA製「cal.9015」/40㎜径/20気圧防水

    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    塗り重ね磨き上げたラッカー仕上げ ラッカー仕上げを施した文字板は、色に深みが増しラグジュアリーな印象を与えます。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    ​スポーティなベゼルとシャープなインデックスデザイン スポーツテイストを残しながらドレッシーさを併せ持つデザインが特徴です。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    ケースの仕上げは、熟練の職人技術を必要とするザラツ研磨。
    「ザラツ研磨」とはエッジの立った歪みのない美しい面を作り出す、ケース仕上げの下地処理のことを指します。
    ザラツという名前は元々はスイスの加工機材に由来していますが、今となっては日本製の高級時計以外では目にすることがなくなった幻の技法です。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    文字板のインデックス、時分針に夜光塗料を塗布し、暗所での視認性を向上。。
    300分後の残光輝度が暗闇で視認できる基準である3mcd/㎡を実現しています。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    防水仕様を、日常生活からウォーターアクティビティまで多様なシーンで着用できる20気圧防水にアップデート。
    リューズをネジロック式にすることで水の流入を防ぎ、リューズガードを設けることで堅牢性を高めています。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    フェイスサイズは直径40㎜。
    しっかりとした機械式モデルならではの存在感がありつつ、日本人男性の腕に馴染みやすいサイズです。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    CITIZEN MIYOTA製の「cal.9015」日本製ハイビートムーブメントを採用。
    裏蓋が透明のシースルーバックのため、機械が動いている姿を視認することもできます。
    monomax,モノマックス,Knot,国産機械式時計
    風防には、高級時計で使われる、無反射コーティングを施したサファイアガラスを採用。
    内側への片面コーティングのため、外傷でコーティングに傷がつくことがありません。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    Knot公式サイト
    https://knot-designs.com/

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…