MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    コスパに優れるスマートe-bike

    実用性とお手頃価格が魅力のモデル

     自転車を購入する際の選択肢として一般的となってきているE-BIKE。以前はその大半が子乗せモデルであったが、男性向けや若い世代向けのモデルが続々と登場し、新規購入や買い替えなどで活用する人も増えてきている。人気となっている反面、近年の半導体不足やバッテリーセル不足、そして原材料の高騰により、各メーカーともにその価格は上昇している。仕方のないことではあるが、購入する側としては、できることならリーズナブル&クオリティの高いものを手に入れたい思うのも心情。そこで今回、ご紹介するのは、BENELLI(ベネリ)の「mini Loop20&mini Loop20+」というモデル。イタリアのオートバイメーカー「BENELLI」が、創立100周年を機に電動アシスト自転車事業をスタート。アクティブなMTBモデルからスマートなシティモデルまで幅広く展開、その新作モデルであり、スマートなデザイン&優れた機能性を備えつつ、価格も抑えられた注目のモデルとなっている。

    折りたたまないという選択

    コンパクトなE-BIKEの中でも折りたたみ機能を備えたモデルは人気となっているものの、実際、毎回折りたたんで室内に収納をしていたり、クルマに積んで旅で活用している人はそこまで多くはない。そういった部分に目をつけ、折りたたまない、持ち運ばないという選択をする人にとって、機能性や価格性に置いて、優位性のある車両として作られているのがこちらのモデル。扱いやすいコンパクトなボディにストレスのないアシストを生み出すAKMのモーターユニットを搭載、フレームに内臓されるバッテリーは見た目にもスマートで、エコモードで最長70kmの走行が可能。バッテリーは着脱式となっているので、室内に持ち込んでの充電も可能。空の状態から満充電までは4〜6時間となっている。

    快適装備でスマートな街乗りを実現

    通勤、通学に買い物と日常の様々なシチュエーションで活躍してくれるスマートなスタイルのこのモデル。幅広い人が活用できるようにと足つき性を考えられ、フレーム一体型のヘッドライトも明るく、夜道のライドも安心。またフロントバスケット、サイドスタンド、フェンダーも標準で装備されてる。またスイッチパネルはシンプルで使い勝手が良く、モーターのアシストプログラムもプロトで改良開発されていて、車体に適した、快適かつ安定した乗り心地を実現している。モデルのラインナップはシンプル&スタンダードなmini Loop20とロングライドもこなしてくれ、より快適な走りを楽しめる内装3段変速を搭載したワンランク上のmini Loop20+が用意されている。

    人とは一味違ったものを、またコストパフォーマンスに優れたものを求める人にマッチする一台となっている。

    BENELLI

    mini Loop20

    【スペック】

    フレーム:アルミ

    変則:単速

    タイヤ:20インチ

    車両重量:19.0kg

    走行可能距離:最大70km 

    バッテリー容量:5.2Ah

    カラー:ブリティッシュグリーン、ライトブルー、ブラック、ホワイト

    価格:¥114,950

     

    mini Loop20+

    【スペック】

    フレーム:アルミ

    変則:内装3段

    タイヤ:20インチ

    車両重量:19.8kg

    走行可能距離:最長70km(アシストレベルlow) 

    バッテリー容量:5.2Ah

    カラー:ブリティッシュグリーン、ライトブルー、ブラック、ホワイト

    価格:¥129,580

     

    【問い合わせ】

    プロト二輪車課 TEL.0566-36-0557

    公式ホームページ https://www.benellibike.jp

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…