MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

遊びココロを刺激するファットe-BIKE

楽しく乗れて、個性も際立つ大人のeクルーザー

新たに自転車を購入したり、乗り換えをする際、その選択肢に必ずと言っていいほど入ってくる今や定番の電動アシスト自転車。
ママや女性は子乗せモデルやシンプルな小径モデル等が人気の中心となり、一方、若い世代や男性の心を掴んでいるのが、アクティブなスポーツモデルやスタイリッシュなストリートモデル。そして近年、特に熱いのが、男らしく、存在感の高いオートバイ風スタイルのモデル。

そこで今回、紹介するのが、海外自転車ブランドを扱いつつ、オリジナルブランドの展開をおこなっているレインボープロダクツジャパンが立ち上げた、ファットバイクブランド「BRONX(ブロンクス)」のブロンクスバギー。走行安定性と乗り心地に優れるファットバイクにパワフルなモーターをプラス、スピードを出すことよりも自転車に乗ることを快適に楽しみ、また個性を求める人にピッタリの一台となっている。

休日の街乗りや遊びに適したバイク

 

新たな自転車のカテゴリーとしてアメリカで生まれたファットバイク。一般的なタイヤよりも太めとなる幅3〜4インチのタイヤを履き、安定感のある走りと快適な乗り心地が大きな魅力だ。

これまで様々なファットバイクモデルを展開しているブロンクスが、本格的に電動自転車に取り組んだのがこのモデル。その特徴は、ファットタイヤを筆頭に、骨太なフレームとオートバイを思わせる存在感溢れるデザイン、そして重量感のあるボディであることを忘れさせる軽快な走りを実現するパワフルなモーター。誰もが気軽に乗れて、街中での存在感も十分、大人も楽しく使え、また所有感も満たしてくれるバイクとなっている。

安定のある快適な走りを生む足まわり

存在感のあるボディとともに重厚感のある足まわりも大きな特徴。足元には、20×4.0インチの極太タイヤを装着、見た目のインパクトだけでなく、街中での段差にも強く、荒れた路面でも安定感を発揮、クッション性の高い快適な乗り心地も魅力となっている。またブレーキは前後に制動性に優れ、雨の日のライドも安心なメカニカルディスクブレーキを採用。コンポーネントはモーターが切れてしまった際も軽快な走りを発揮してくれるマイクロシフト社製の8段変速が搭載されている。

快適性と安全性を高める装備

 

重厚なボディながらも軽快な走りを実現するドライブユニットは、世界中の様々な電動アシスト自転車をはじめ、eバイク&eスクーターに電動ユニットを供給する信頼性の高いバーファン社製のものを使用。またバッテリーはGREENWAY社製のリチウムイオン(DC36V/8.7Aパナソニック製セル)が採用されている。シートはコンパクトなノーマルシートだけでなく、ゆったりとしたライディングポジションを味わえるロングシートも標準で付属。ただ標準装備にはヘッドライトの設定がないため、小型のヘッドライトも標準装備されているが、より夜間での使用も考えているのならば、精悍なスタイルにもマッチするオプションの特大LEDヘッドライト(¥7480)とのセット購入がオススメ。

BRONX BUGGY

【スペック】
サイズ(mm):全長1800×全幅740
フレーム:アルミニウム
ブレーキ:メカニカルディスクブレーキ
タイヤ:20×4.0
駆動ユニット:バーファン後輪駆動
モーター出力:定格350W
バッテリー容量:36V  8.7Ah
充電時間:4.5h
車重:29kg
カラー:トワイライト、ポリッシュ、マットブラック、アーミーグリーン

価格:¥195,800 *ポリッシュは¥206,800

【問い合わせ】
エムプランニング info@rainbow-bike.com
公式ホームページ https://www.bronx-cycles.com/index.html

取材・文/安室淳一 写真提供/エムプランニング

ライター/安室淳一

ライター/安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

Instagram:@freerider1226

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求した長財布!【付録速報】

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…