MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

モノマックス10月号通常号

モノマックス10月号通常号

2022年9月9日(金)発売
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

人気5ブランドが集結!光発電エコ・ドライブのコンセプチュアルな限定コレクション第4弾がすごい

シチズン時計は“光を受けて成長する植物の生命力”をコンセプトに、グリーンの文字板とブラックの組み合わせが印象的な「LIGHT in BLACK」2022 GREEN EDITIONを、自社5ブランド計6モデルをローンチ。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
2022年9月8日に数量限定で発売します。

シチズンは、世界中で支持されるシチズンの基幹技術「光発電エコ・ドライブ」の魅力をより多くの人へ伝えるために、常に「光」と「時」の関わりを様々な角度でとらえて来ました。
「LIGHT in BLACK」は「光」と「時」を「漆黒の空間から生まれる希望の光」になぞらえ、エコ・ドライブを搭載する主要なブランドで伝える企画です。
第4弾となる今回は「光を受けて成長する植物の生命力」をテーマに、グリーンの文字板にブラックの外装をMIX。暗闇に光が差し込み芽吹き始める植物と、光によって動き始めるエコ・ドライブのイメージを重ねています。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズン エクシード「エコ・ドライブGPS衛星電波時計 ダイレクトフライト(CC3057-57W)」25万3000円/43.3㎜径/5気圧防水/世界限定500本
中央部分から左右に明るくなるグラデーションで、深い森の中に差し込む光を表現。
奥行きと広がりを感じさせるデザインは、洗練された大人のイメージ。ローマ数字インデックスを配置することで、視認性の良さとエレガントさを両立しています。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズン アテッサ「エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト(AT8049-61W)」14万8500円/41.5㎜径/10気圧防水/世界限定1500本
透明感のあるグリーンの文字板に金色のラメを練り込むことで木漏れ日の美しさを表現。
グリーンと相性のいいイエローゴールド色を秒針やインデックスにさりげなく使用し、限定モデルらしい華やかさを加えています。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズン アテッサ「エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト(CB3015-53W)」10万4500円/40.0㎜径/10気圧防水/世界限定1300本
深みがあるグリーンから青みがかったグリーンまで幅広いグリーンを使用することで、光が差し込む森林を表現。
木々の重なりをイメージさせる複数のトーンで描いた奥⾏きのあるデザインです。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズン プロマスター「エコ・ドライブ電波時計(AS7146-58W)」14万8500円/43.5㎜径/200m潜水防水/限定600本
12時位置から6時位置にかけてグラデーションを施し、海面から光が差し込み深海に向かい変化する色を表現。
替えバンドと延長バンドが付く本格的な仕様です。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズンコレクション「エコ・ドライブ(BL5497-85W)」5万5000円/39.5㎜径/10気圧防水/世界限定1500本
サブダイヤルから光を取り込む構造を採用。
金属文字板に植物のモチーフをドットで表現することで、光沢をもたせてシャープな印象に。
エコ・ドライブの文字板表現の多様さが感じられます。
MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定 MonoMax,モノマックス,シチズン,エコ・ドライブ,限定
シチズン クロスシー「daichiコレクション エコ・ドライブ電波時計 ティタニア ハッピーフライト(EE1007-59W)」11万5500円/29.0㎜径/5気圧防水/世界限定1500本

シチズン エクシード、シチズン アテッサ、シチズン プロマスター、シチズンコレクションのメンズモデルには、文字板に木々の連なりを思わせる共通のパターンを使用。
グラデーションやプリント技法を変えることで各ブランドのアイデンティティを表現しています。

=詳しい情報はココをチェック!=
特集ページ
https://citizen.jp/lightinblack2022/index.html

MonoMax編集部

MonoMax編集部

カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

Twitter:@monomaxweb
Instagram:@monomax_tkj

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ付いてくる!

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ…