MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

スバルが新型SUV「CROSSTREK」を世界初公開!アウトドア派にとって興味津々の一台に

新型「CROSSTREK」

国産初の乗用タイプ全輪駆動車誕生50周年!

新型「CROSSTREK」

日本仕様では初となる広角単眼カメラを加え、高い安全性能を実現する新世代アイサイトを携えた新型「CROSSTREK」をスバルが世界初公開した。「CROSSTREK」は独自のシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV車だ。

スバル レオーネ 4WD エステートバン
ちなみに1972年9月、国産初の乗用タイプ全輪駆動車として登場したのが「スバル レオーネ 4WD エステートバン」。つまりAWDが50周年を迎えた年に、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用できる多用途性を実現したクロスオーバーSUVとして新型「CROSSTREK」が登場したのだ。

AWDと4WDってどう違うの?

新型「CROSSTREK」

「スバル レオーネ 4WD エステートバン」発売以降、スバルのAWD車累計生産台数はおよそ2,100万台に上るという。AWDとはAll-Wheel Driveの略であり、直訳すると全輪駆動。一方でスバル レオーネのAWD 車両には、4WDというネーミングが与えられていた。

スバル レオーネ 4WD エステートバン
4WDとは4-Wheel Driveの略であり、直訳すると4輪駆動。つまり「スバル レオーネ 4WD エステートバン」の場合はAWD=4WDと考えていいのだが、世の中には4輪以外の車両が存在する。6輪のトラックだったり、軍で使用されるような装甲車は8輪だったりもする。一般的なトラックは6輪でも6輪駆動という車両は多くない。一方で8輪装甲車は8輪駆動だったりする。その場合はAWDと言ってよいだろう。そしてスバルの場合、「スバル レオーネ 4WD エステートバン」の登場以降、水平対向エンジンとの組み合わせによる独自のシンメトリカルAWDを採用しているのが最大の特徴だ。

クロスオーバー×トレッキング

新型「CROSSTREK」

都会からアウトドアまで幅広く活躍するクロスオーバーSUVの新型「CROSSTREK」。車名はクロスオーバー(CROSSOVER)とトレッキング(TREKKING)を掛け合わせた造語だ。ネーミングもアウトドアに馴染み深いが、性能もまたアウトドアやアクティビティと親和性が高い。

新型「CROSSTREK」
リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートに、山をモチーフとしたテクスチャーを採用。これはデザイン性だけでなく滑り止めやキズの防止という実用性も兼ね備えている。荷室スペースは大きな開口部と必要十分な容量を確保。リヤシートは6:4分割可倒式なので荷室を自在に拡張することできる。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【ジープの代表格オフローダー】「ラングラー」が6年ぶりに大幅改良して登場! 2つの限定車は争奪戦必至!?

【プレミアムなハッチバック】フランスの初夏を感じさせる特別な「DS4」が登場、ひなげし色のコクリコ エディション!

話題沸騰中の“新・ランクル”、お値段以上のスズキ新型「スイフト」ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【第2弾も完売必至!?】カタログにはない限定車「アバルト F595C セカンド エディション」が登場

【コンパクトミニバンの大本命】「新型ホンダ フリード」6月に正式発表が決定! 先行公開の内容に早くも期待値爆上がり!?

【体験レポート】「ジムニー」のホビーラジコンが超遊べる!大人も夢中になりすぎた!!『YouTubeで徹底解説』

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!