MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    売上絶好調ミニバン!「ホンダ ステップ ワゴン」オキテ破りの“シンプル顔”で大勝負に出た理由とは

    ホンダ,ステップワゴン,ミニバン,注目,小沢コージ

    FF箱型ミニバンの元祖、ホンダ ステップ ワゴンが大きく生まれ変わった。捲土重来の6代目は流れに棹さすシンプル&クリーンなデザインと走りや質感に特化した大胆戦略に出た。果たしてこれは吉と出るのか?

    今年はミニバンの年! 最大の賭けはコイツだ

    ホンダ,ステップワゴン,ミニバン,注目,フロント

    国産人気ミニバンがモデルチェンジしまくる2022年、待望の第2弾が登場しました。年始の新型トヨタ・ノア&ヴォクシーに続き、新型ホンダ ステップ ワゴンが登場したのです。今年は日産セレナまで一新する可能性があり、まさしくミニバン激戦の年です。
    ステップ ワゴンは1996年に今のFF箱型ミニバンの市場を作った元祖。最近こそヴォクシーやセレナに押され気味でしたが、今回は巻き返しを図りたい。よって大胆な戦略に出てます。

    まず驚いたのはデザイン。今の流行りはヴォクシーに象徴されるように、ワイルド顔のハデ路線がウケる。ラージ系のアルファードを見てもわかる通り、シンプル顔はウケません。
    ところがステップ ワゴンはあえて今まで以上のシンプル&クリーン路線に出ました。メッキグリルを大きくイカつくするのではなく、水平デザインを強調してよりシンプルに。なかでもクリーン顔のAIRグレードは本当にこれで大丈夫?と言いたくなるほどすっきり。
    もちろんグリルを厚めにしてメッキを増やしたSPADAグレードも用意してますが、そちらのほうもライバルに比べるとシンプルなムード。インテリアももちろんシンプル&上質路線です。

    さらなるチャレンジはボディサイズで全長はAIRが4.8mでスパーダが4.83m、全幅は共に1.75ⅿと大型化。ノア&ヴォクシーより完全にひと回り大きく、賛否両論あるほどです。広々感は増しますが、逆に取り回しは当然厳しい。
    さらに面白いのは燃費戦略で、パワートレインは従来通りの2ℓガソリンハイブリッドと1・5ℓガソリンターボの2本立て。ハイブリッドのパワー&トルクが184PS&315Nmで、ターボが150PS&203Nmで変わりなし。逆にカタログ燃費は微妙に落ちてるほどなのです。

    しかし乗ると実燃費は悪くなく、ハイブリッドも地味にエンジンを改良して静けさを増しているほど。まさに時代に流されないオレ流のミニバン革命! それが新型ステップ ワゴンなのです。

    ハイブリッドの燃費はリッター20㎞で充分!それよりもパワーと上質さでライバル超え

    ホンダ,ステップワゴン,ミニバン,注目,走行シーン

    新型ステップ ワゴンの本当のすごさは割り切りだ。燃費やお便利装備ではなかなかトヨタ勢に敵わない。そこで走りに関して燃費は従来同様ハイブリッドはリッター20㎞前後、ガソリンターボは13㎞台と割り切り、後は上質さや静かさで勝負に出たのだ。
    前者モーターのパワー&トルクが184PS&315Nm、後者エンジンが150PS&203Nmで全く変わりがない。ただし、ハイブリッドはエンジンのクランクシャフトを新設計するなどサウンドにこだわり、回転制御もより自然にした。燃費より走り味だ!

    モノマックス1月号のご案内

    1月号通常号

    モノマックス1月号

    MonoMax1月号 通常号

    2022年12月8日(木)発売
    特別価格:1090円(税込)

    モノマックス1月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…