MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場!

執筆者:

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

さらに魅力的になったNEWレブル250

【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場!現在ホンダがラインナップするバイクの中でも抜群の人気を誇るモデルといえば、 ライトクルーザーモデル「レブル250」。扱いやすさや快適な乗り心地、そしてカジュアルなスタイリングが大きな魅力となっていて老若男女問わずファンが多い。そろそろ肌寒くなり、バイクから遠ざかりつつあるこの時期においても、欲しい、手に入れたいという人も。

そんなモデルが12月に装いも新たに登場する。気軽かつ楽しく乗ることができ、街乗りからツーリングまでバイクライフを満喫できる一台。購入を検討していた人や乗りたいと思い続けている人は、是非この機会に手に入れてみてはいかがだろう。

同クラス不動の人気を得たライトクルーザー

【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場!
2017年に登場したレブル250は、起伏の少ない直線道路をゆったりと快適に巡航することを目的として作られたモデル。ゆったりとした乗車姿勢が取れるスタイルと低回転域からトルクフルかつ高回転域までスムーズに吹け上がるセッティング&小気味よい鼓動感が味わえるエンジンが魅力だ。このカテゴリーでは大型モデルが多くラインナップされる中、コンパクトにまとめ、使い勝手に重きを置いたモデルとなっている。

スタイルは二種類が用意され、一つはシンプルなスタイリングのレブル250、そしてもう一つはレブル250をベースにフロントに力強さを与えるヘッドライトカウルにフォークカバー&ブーツ、そしてスペシャルシートを備えた精悍な印象のレブル250Sエディション。シンプル&スマートに使いたい派はレブル250、男らしさやクールさを求めるならレブル250Sエディションがマッチする。

シックな装いとスマートな走りで進化

【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場! 【ホンダの大ヒットバイク】さらに魅力増し増し!? “レブル250”の新装版登場!
新型モデルは、エンジンを最新の排出ガス規制(令和2年)に対応させたほか、カラーバリエーションを一新。全体的にシック&高級感のあるイメージで仕上げられている。

カラーラインナップは、レブル250の都会的な印象を押し出したパールスモーキグレーのほか、重量感のあるマットガンパウダーメタリック、精悍な印象のパールメタロイドホワイトの3色。レブル250Sエディションは上質感のあるチタニウムメタリックと高級感と艶感のあるキャンディーディーゼルレッドの2色が用意されている。

カジュアルに使えるスタイルに大人の雰囲気、バイクライドを満喫するとともに所有感も満たしてくれるモデルとなっている。

*海外におけるコロナウイルス感染症に伴うロックダウンや世界的な海上輸送・港湾の混雑、また半導体供給不足などの複合的な要因によって製品・部品入荷や物流の遅延が継続・長期化しており、車両納期の大幅な遅れが予想されることを念頭に置きつつご注文やご購入を!

【Reble250、Reble250 S Editionスペック】
全長×全幅×全高(mm):2205×820×1090
シート高(mm):690
総排気量(cc):249
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最高出力(PS/rpm):26/9500
最大トルク(kgf・m/rpm):2.2/6500
燃料タンク容量(L):11.0
燃料消費率:47km/L(60km/h定地燃費値)2名乗車時
価格:Reble250¥610,500、Reble250 S Edition¥649,000
発売日:2022年12月22日(木)

【問い合わせ】
ホンダお客様相談センター TEL.0120-086819
公式ホームページ 
https://www.honda.co.jp/Rebel250/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!