MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    ビジカジに似合う【超軽量な廉価版スマートウォッチ】ファーウェイが「HUAWEI WATCH GT 3 SE」の国内発売をスタート

    執筆者:

    ファーウェイ・ジャパンは、ワークアウト関連機能の充実や長期間のバッテリー持ちといった特徴を備え、ファーウェイのウェアラブル製品の中で高い人気を誇るスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズの最新モデル「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を11月18日(金)より販売開始した。
    ファーウェイ・ジャパンは、ワークアウト関連機能の充実や長期間のバッテリー持ちといった特徴を備え、ファーウェイのウェアラブル製品の中で高い人気を誇るスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズの最新モデル「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を11月18日(金)より販売開始した。おすすめです。 ファーウェイ・ジャパンは、ワークアウト関連機能の充実や長期間のバッテリー持ちといった特徴を備え、ファーウェイのウェアラブル製品の中で高い人気を誇るスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズの最新モデル「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を11月18日(金)より販売開始した。おすすめです。

    「HUAWEI WATCH GT 3 SE」市場想定価格各¥27,280前後

    「HUAWEI WATCH GT 3 SE」は、ベルトを除いて約35.6g(※1)という軽量化を実現したスマートウォッチ。軽量でありながら、1.43インチのAMOLEDスクリーンを搭載するなど、見やすさと操作しやすさにもこだわった。

    また、シリーズの特徴であるロングライフバッテリーは、本製品でも健在。通常使用で約14日間、ヘビーユースで約7日間の連続使用を可能にしている。

    ファーウェイ・ジャパンは、ワークアウト関連機能の充実や長期間のバッテリー持ちといった特徴を備え、ファーウェイのウェアラブル製品の中で高い人気を誇るスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズの最新モデル「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を11月18日(金)より販売開始した。おすすめです。
    スキーやスノーボードを含む、100種類以上のワークアウトモードを備えており、5種の衛星システムに対応しており、登山中のルートを記録する「ルートバック」機能が利用できるほか、悪天候アラート、日の出・日の入り時間の表示もできる。

    今やスマートウォッチでは標準的な機能となった血中酸素レベル測定、心拍数モニタリング、ストレスモニタリングなどの健康管理機能に加え、睡眠モニタリングの「HUAWEI TruSleep 3.0」を搭載。
    ファーウェイ・ジャパンは、ワークアウト関連機能の充実や長期間のバッテリー持ちといった特徴を備え、ファーウェイのウェアラブル製品の中で高い人気を誇るスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズの最新モデル「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を11月18日(金)より販売開始した。おすすめです。
    眠りの質や昼寝の検知も可能で、6つの睡眠課題を特定。200種類以上のアドバイスを提供するという。
    このほか「健康タスク管理」機能では、早寝早起きや運動、薬・サプリメントの服用などのリマインダーを設定できるのも普段使いにおすすめする理由だ。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    ファーウェイ公式サイト
    https://consumer.huawei.com/jp/

    この記事のタグ

    この記事を書いた人

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb

    Instagram:@monomax_tkj

    Website:https://monomax.jp/

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    今月のモノマックス特別付録

    【MonoMax付録】スマホ収納 & 財布機能まで備える“二刀流”ショルダーバッグ!

    【MonoMax付録】スマホ収納 & 財布機能まで備える“二刀流”ショルダーバッグ!