MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【新型 インプレッサ】スバルが5ドアハッチバックモデルを公開!まずは米国市場への導入?

執筆者:

新型インプレッサ 走行イメージ

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

スバルが5ドアハッチバックモデルの新型「インプレッサ」を公開した。米国ロサンゼルスでお披露目されたもので、その内容は米国市場向けのものだが、2023年春以降、米国市場への導入を皮切りに世界各国市場に順次導入される予定だ。日本仕様の詳細は未発表だが、その内容を予想しながら見てみよう。

「アクティブな行動へと後押しするクルマ」

今回公開された新型「インプレッサ」は第6世代にあたるモデル。3代目からクロスオーバータイプのXVが設定されているが、その新型がクロストレックとして先に登場しており、メカニズムの多くはクロストレックと共通したものとなるはずだ。

新型インプレッサのコンセプトは「愉しくなる優れた運動性能、安心できる先進安全装備、とことん使えるユーティリティなど、その機能や実用性をさらに高め、乗る人すべてをアクティブな行動へと後押しするクルマ」だという。

公表されたボディサイズは、日本表記に換算すると、全長4475mm、全幅1780mm、全高1480mmとやはりクロストレックに近いもので、躍動的でスポーティなデザインもクロストレックとの共通性を感じさせる。

新型インプレッサ 外観 フロント

新型インプレッサ 外観 サイド

新型インプレッサ 外観 リヤ

一方インテリアは「ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルさ」を追求。機能を集約した大型のセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置した、最新のスバル車に共通のインターフェースを採用している。

新型インプレッサ インパネ

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ