MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/12/19 14:00

    【20年の進化の歴史!】アテンザ/マツダ6 誕生20周年記念「20th アニバーサリー エディション」が登場

    MAZDA6 20th Anniversary Edition セダン外観

    初代アテンザ誕生から20周年を記念して、マツダ6の特別仕様車「20th アニバーサリー エディション(20th Anniversary Edition)」が登場した。アテンザ(欧州名マツダ6)といえば、欧州市場でドイツプレミアムと対等に渡り合うダイナミック性能、優れたパッケージ、高いデザイン性が評価されてきたが、今回の特別仕様はその20年の進化の歴史を織り込んだモデルだという。またこれを機に同時にシリーズの一部改良も行われている。いったい、マツダ6はどう変わったのだろうか。

    ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を象徴するマツダ6

    マツダ6(シックス)は、マツダのフラッグシップ に位置づけられるミドルサイズのセダン&ワゴン。マツダ6の前身にあたる「アテンザ」の初代は2002年に登場、2012年に3代目にフルモデルチェンジされた現行型が2019年にマイナーチェンジされたタイミングでグローバルな呼称に統一されて、日本仕様も車名が「マツダ6」となった。

    アテンザ/マツダ6は、ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を象徴し、ブランドDNAを100%体現するミッドサイズカーとして、20年にわたってクルマの普遍的かつ本質的な価値を追求し、一貫して「走る歓び」を体現し続けてきた。

    特別仕様の最大の特徴は「匠塗(TAKUMINURI)」の専用色

    今回、初代アテンザ誕生20周年を記念して登場した「マツダ6 20th アニバーサリー エディション」は、XD Lパッケージをベースに、ボディカラーにマツダ独自の塗装技術「匠塗(TAKUMINURI:たくみぬり)」による特別塗装色第4弾となる新色「アーティザンレッドプレミアムメタリック」を専用色として国内初採用した特別仕様車。

    MAZDA6 20th Anniversary Edition セダン外観

    MAZDA6 20th Anniversary Edition ワゴン外観

    「アーティザンレッドプレミアムメタリック」は透明感と熟成した濃厚な深みの両立を目指した、プレミアムな価値を訴求する「深みのある赤」。ボディカラーは、このほかロジウムホワイトプレミアムメタリックも選べる。

    このほか、エクステリアでは、シルバー塗装のフロントグリル、チルトアップ機構付き電動スライドガラスサンルーフ、高輝度塗装の19インチ アルミホイールなどを専用装備。インテリアには、レガーヌ/タンカラーのインテリアトリム、ナッパレザーシート、マットブラウンヘアラインのインパネデコレーションパネルも装備する。

    MAZDA6 20th Anniversary Edition セダン インパネ

    MAZDA6 20th Anniversary Edition セダン シート

    搭載エンジンは2.2Lの直4ディーゼルターボで、トランスミッションは6速AT、駆動方式はFFと4WDを設定している。車両価格はFFが¥4,422,000、4WDが ¥4,662,900。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…