MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【半額以下⁉︎】JTが「プルーム・エックス」の大胆値下げに踏み切った理由とは?

執筆者:

デバイス本体の価格を改定。

緻密な加熱温度のコントロールと、空気の流れに着目した独自の加熱技術「HEATFLOW®」の採用で、シリーズ史上最大の吸いごたえを実現した、高温加熱型の加熱式たばこ「プルーム・エックス」。紙巻きたばこさながらの満足感は、昨年8月にデバイスがローンチされて以来、多くの愛煙家が高く評価しています。

「子どもを乗せたまま“走れる”すごいベビーカー」運動不足は走って解消! 話題の“スーリー アーバンライド”がさらにパワーアップ

そんな「プルーム・エックス」本体の価格が改定され、より手に取りやすくなりました。あらゆるものが物価高騰するなか、ここまで大胆な値下げに踏み切った理由とは。JTの広報担当者に話を聞いてみました。

Ploom_X_イメージ

11月28日に実施された「プルーム・エックス」デバイス本体の価格改定で、これまでメーカー希望小売価格が3,980円だったところ1,980円に変更され、2,000円もディスカウントされました。

そして、ほかの「プルーム」シリーズや、他社の加熱式たばこデバイスを下取りに出すと、さらに価格が安くなる「のりかえ応援割」も同時にプライスダウン。その価格はなんと、780円。これまでは1,480円でしたが、さらに安くなりました。

Ploom_X_シルバーPloom_X_ブラック

10月1日に、加熱式たばこにかかる課税方式が見直しされ、加熱式たばこスティックは値上げされました。しかし、JTの「プルーム・エックス/プルーム・エス」用たばこスティック、「メビウス」ブランド8銘柄と「キャメル」ブランド8銘柄は、価格が据え置き。「キャメル」にいたっては1箱500円を維持しているため、日々の出費を抑えることもできるんです。

値下げに踏み切った理由をJTに直撃。

値上げラッシュの天井が不明瞭な現在、半額ほども値下げするなんて、ユーザーにとって嬉しいニュースです。しかし、値上げラッシュが続いているなか、なぜ価格を下げたのか。JTの広報担当者に直接お話を聞いてみました。

この記事のタグ

この記事を書いた人

コマツショウゴ

エディター・ライターコマツショウゴ

フリーランスのエディター・ライターとして、雑誌やウェブメディアの企画を手掛ける。ファッション、カルチャー、アウトドアのジャンルを中心に、幅広く活動中。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「新型アイコスに新カラー登場」加熱式たばこ“IQOS イルマ i シリーズ”3機種に新色グリーンが仲間入り

「アイコスの人気カラーがついに」加熱式たばこ“IQOS イルマ i”のビビッドテラコッタが主要コンビニなどで限定販売開始!

ドンキマニアがレポート「2980円の驚安ウォッチ」、3COINSで完売“大バズり時計”ほか【ガジェットの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【秘蔵のスコッチ・ウイスキーを精選】26年以上の熟成年数を誇る「シークレットスペイサイド」コレクションがリニューアル

【IQOS日本上陸10周年】うれしい新機能が追加!新型加熱式たばこ「IQOS ILUMA i シリーズ」の日本販売がスタート

【目黒蓮も感動の美味しさ】17年ぶりの新ブランド、キリンビール「晴れ風」の味わいを試飲レポート!

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ