MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    【夢のレゴ本社に潜入!】オフィスが遊び場!? 大人の「レゴⓇブロック」再入門(後編)

    モノマックス世代なら一度は手に取ったことがあるはずのレゴⓇブロックは、2022年で創業90周年! 世界中にファンを持ち、実は企業の研修にも採用される一面を持つ。今回は、そんな奥深き世界をあらためて知るべく、ライター・金山と編集部・浅野がレゴジャパンへ足を踏み入れた!

    (1)レゴジャパンはエントランスからクリエイティブなオフィスだった!

    レゴジャパンのエントランス
    オフィスのドアを開けると、真っ先に目に飛び込んでくるのが巨大なレゴ ブロック作品。日本唯一のレゴⓇ認定プロビルダーである三井淳平さんが作成しており、定期的に変更されるそう。いきなりワクワクがとまらない!

    ソファ周辺に敷き詰められた大量のレゴ ブロック
    ソファ周辺には大量のレゴ ブロックが敷き詰められており、自由に遊べる。少しの待ち時間もクリエイティブに過ごせる粋な計らい。

    (2)24のスキルが鍛えられる! ビルド体験をやってみた!

    ライター・金山と編集部・浅野がビルド体験
    ワークショップなどで行われるビルド体験。たった1分間なのに頭がフル回転! 仲間とのコミュニケーションも活発になる!

    6つのレゴ ブロック

    お題:6つのブロックを使って1分間でアヒルをつくってみよう !

    ビルド体験は、企業研修ワークショップなどで行っているレゴ ブロックを活用したプログラムだ。6個のブロックでアヒルをつくるだけで創造力や空間認知能力、他者視点取得など24のスキルが学べるという。理論上6個のブロックには約9億通りの組み合わせがあり、他の人と同じアヒルができることはほとんどない。

    ビルド体験で作成したアヒル

    左がライター・金山作、右が編集部・浅野作。「イメージを形にするのが難しい……。頭の中ではちゃんとアヒルが描けているのに、それがうまくつくれないのがもどかしい! かといって手を動かすのに集中すると、アヒルのイメージがどんどん薄れていき、最後は4本足に……(笑)」(ライター・金山)

    (3)月に1回思いっきり“遊ぶ”! タウンホールミーティングを直撃!

    モノマックス2023年3月号のご案内

    3月号通常号

    モノマックス2023年3月号

    MonoMax3月号通常号

    2023年2月9日(木)発売
    特別価格:1,090円(税込)

    モノマックス2023年3月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…