MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【1962本しかない究極時計】「ラドー」が誇るフルセラミックス時計に限定モデルが登場!

執筆者:

「良い時計だからこそキズつくのが心配で気軽に着用できない」。実用品であるとともに嗜好品でもある腕時計のこのジレンマに対して、100年以上にわたって明確な回答を提示してきたのが、ラドーだ。超硬金属、セラミックなど、それまでの常識を一新する新しい素材を時計作りに導入し、エレガントな時計を創造する時計メーカーとして世界中で高い評価を獲得してきた。

腕時計のケース素材は、長らくゴールド、シルバーなどが主流で、ステンレススチールが普及したのは20世紀後半になってからだといわれている。しかしラドーは、1962年に超硬金属、1986年にハイテクセラミックスを採用するなど、キズに強い素材の開発に注力。特にセラミックスをケースに使用したラドーの腕時計は、エポックメイキングなものとして業界に衝撃を与え、以降、ケース素材の開発が加速したともいわれている。

「良い時計だからこそキズつくのが心配で気軽に着用できない」。実用品であるとともに嗜好品でもある腕時計のこのジレンマに対して、100年以上にわたって明確な回答を提示してきたのが、ラドーだ。超硬金属、セラミックなど、それまでの常識を一新する新しい素材を時計作りに導入し、エレガントな時計を創造する時計メーカーとして世界中で高い評価を獲得してきた。「キャプテン クック ハイテクセラミック リミテッド エディション」。人気です。おすすめです。
そんなラドーが現在進行形で、最新かつ最も革新的とうたうモデルが「キャプテン クック」である。ケースバック以外の全てをセラミックで仕上げた“初のフルセラミックモデル”であるキャプテン クック コレクションに、このたび1962本限定生産の「キャプテン クック ハイテクセラミック リミテッド エディション」が登場。2022年12月より販売を開始した。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【グランドセイコーの名機】「キャリバー9R」誕生20周年を祝した限定ウォッチに注目!

“間違いない”ビジネスマン三種の神器、悩みに応える仕事カバンの最適解 ほか【ビジネスグッズの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【最高技術と情熱がつまった時計】W&WGで発表「フリーク S」の可能性をさらに推し進めたユリス・ナルダン「フリーク S ノマド」に注目

【手の届く高級時計】プロが徹底解説!10万円ちょいから買える“三拍子そろった”最新ラグスポウォッチ3傑

噂のオメガ ムーンウォッチ“白ダイアル”、編集長がしびれたダイバーズの「大谷翔平」ほか【腕時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【狙い目は定価を下回るロレックス!?】腕時計投資家が教える「腕時計投資の極意3か条」とは?

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!