MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【待ち遠しい電動バイク】ゴールドウインからまさかの北欧デザイン電動バイクが登場!

執筆者:

スウェーデンのプレミアム電動バイクCAKE
© CAKE 0 emission AB

この記事の画像一覧を見る(6枚)

ゴールドウインといえば、ノースフェイスやヘリーハンセン、ウールリッチやマックパックなど世界に名だたるアウトドアブランドを扱っている日本企業。自社オリジナルブランド「Goldwin」は、スキー業界においてトップクラスの高機能スポーツウエアを手掛け、研究開発から企画、製造、品質管理、販売までを一貫して管理し、製品とサービスを提供している。

海洋汚染なども世界中で問題となっている現在、海の産業廃棄物のひとつである漁網から生まれた循環型素材のリサイクルナイロンを使用した製品を生み出すなど、「持続可能な世界」を実現するために余念がない。そのゴールドウインが電動バイクメーカーCAKE 0 emission AB社と独占的パートナー契約を結んだ。スウェーデンのクリーンでサステナブルなCAKE社製プレミアム電動バイクを販売開始する。

日本×北欧でゼロエミッション社会への移行を加速!

スウェーデンのプレミアム電動バイクCAKE
東京都渋谷区松濤に本社を置き海外スポーツブランドを数多く扱うゴールドウインだが、実は富山県小矢部市で設立された企業だ。気候変動問題の解決と持続可能なビジネスの再構築を図ることを重要課題として掲げ、2030年には環境負荷低減素材を使用した製品比率を90%以上に引き上げるなどの長期ビジョン「PLAY EARTH 2030」を2021年に発表。持続可能な社会の発展に寄与することを目指している。

また今回発売となる電動バイクを製造するのはスウェーデンのプレミアム電動バイク・自転車メーカーのCAKE社だ。年齢、性別、サイズ、スタイルを問わず、誰しもが敬意をもって自然と都市を冒険できる製品を開発。人と自然の共生をよりスマートで、環境に優しく、健康的かつ平和的に実現している企業だ。「エキサイティングなモビリティ体験」と「環境への責任」の両立を目指すCAKE社は日本での独占的パートナー契約をゴールドウインと締結。この契約により、ゼロエミッション社会への移行を加速させる両社のタッグが正式に組まれたのだ。

走行中のCO₂排出がゼロ!

スウェーデンのプレミアム電動バイクCAKE
© CAKE 0 emission AB

2023年春からWeb限定で予約受付が開始となるプレミアム電動バイクだが、日本国内における3年間の販売台数5,000台を目指しているという。その目標達成のため、4月には東京・丸の内にそのプロダクトを実際に体験できるショールームを展開予定だ。

環境配慮素材の推進や、リサイクル・アップサイクル事業の推進、カーボンニュートラルに向けた取り組みを強化しているゴールドウインだからこそ、モーターサイクル事業においても環境配慮を重要な課題と捉えている。だからこそクリーンでサステナブルを考慮したCAKE社のプロダクツが相応しく、走行中のCO₂排出がゼロとなる電動バイクの販売となったのだ。

新しいスポーツ感覚を味わえる電動バイク 

ミニマルで洗練されたCAKE社の電動バイクは生産工程におけるCO₂についても、ゼロにすることを目指している。そのためスウェーデンの電力会社、Vattenfallと協業。様々な工程やプロダクトのデザインの改良に取り組んでいる。

またプロダクトデザインは、時代を超えて愛される普遍的な美しさを追求。自然や都市の風景にも溶け込み、永く愛着を持って使われるプロダクトとなっている。

電動バイクの特徴であるモーターの静寂性がスキーやランニングなどのスポーツで感じる環境に没入する体験と類似。もちろん日本人の持つ美意識とも親和性が高く、販売が待ち遠しいプロダクトだ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「水で点灯するLEDライト」「折り畳み式ポータブルトイレ」ほか 備えておきたい最新の防災グッズ3選

【絶対バズる日用品】プロがヒット予想!コスパ最強の“アウトドアギア”ベスト3

【ヤマハの万能250cc】人気のスポーツスクーター「XMAX ABS」に上質な大人の新色4カラーが登場!

【経年優化を味わえる注目ギア】話題のガレージブランド・ネルデザインワークスが“とっておきのアウトドアギア”を集めたポップアップを開催

識者も納得の“新・一生モノギア”、ワークマンの神すぎるフリース ほか【アウトドアの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【幸運を呼び寄せるベスパ!?】マニアならずとも惹かれる!龍が描かれた「Vespa 946 DRAGON」が超プレミアム

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!