MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

7月号通常号

7月号通常号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【プジョー・リフターにもロングボディ登場】ダイナミックな走りでベルランゴと差別化

執筆者:

プジョー・リフターにロングボディ版が登場

この記事の画像一覧を見る(10枚)

シトロエン・ベルランゴ ロングに続いて、プジョー・リフターにもロングボディバージョンが登場した。ベルランゴとリフターは同じグループ内でプラットフォームを共有する言わば兄弟車で、リフターにロングボディバージョンが追加されたのも当然と言える。ただし、ともに商用車モデル譲りの積載能力の高さも兼ね備えた実用的なモデルでありながら、ブランドが違うこともあり、そのデザインやコンセプトは大きく異なっているのがおもしろい。

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

スポーツ方向に振ったダイナミックな性格

今回登場したのは、そのリフターのホイールベースを190mm拡大し、全長を4760mmとした3列シート7人乗りの「リフター ロング」。3列目シートを前後130mmのスライドやリクライニングが可能として、3列目シートも大人が寛げる十分なスペースを確保している点などは、ベルランゴ ロングと手法は共通だ。

ホイールベースは190mm拡大され、全長はベースモデル比+355mmの4760mm

リフターはSUVテイストのマルチパーパスヴィークル(MPV)で、力強いフロントフェイス、前後左右にあしらわれたクラッディングが生み出すマッシブな造形、道路環境などに合わせて走りの走行モードをかえるアドバンスドグリップコントロールを採用するなど、スポーツ方向に振っている点、オフロードにも対応している点が大きな特徴となる。

力強いフロントフェイスやクラッディングが生み出すマッシブな造形が特徴のリフター

リフターはオフロードにも対応するスタイルと走行性能をあわせもつ

リフター ロングはこうしたリフターシリーズの性格をそのまま継承。その上で、ロングボディにより、ラゲッジスペースを拡大。荷室の最大容量は約2700L、3列目シートを取り外して2列目シートを折りたためば、最大約2700Lの大容量ラゲッジスペースを実現している。

3列目シートも大人が寛げる十分なスペースを確保

内装素材と内装カラーはファブリックのブラウンツートーン

高いドライバビリティや自由な発想に応えるユーティリティー、快適性といったリフターの世界がさらに広がったと言えるだろう。ユーザーにとっては、標準ボディの「リフター」、ロングボディの「リフター ロング」を選択できるのは朗報だ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ