MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集トレンドモノ3選

【寒い冬でも暖かい】冬キャンプの最強相棒!最新型「焚き火ギア」3選

執筆者:

寒い冬のキャンプサイトが暖かくなる最新の焚き火台

この記事の画像一覧を見る(13枚)

どんなシーズンでもキャンプに焚き火は欠かせない。だが寒い冬にこそ、その本領を発揮する。しかもキャンプで用いる焚き火ギアはいまや科学を基にし、日進月歩で進化している。そこでご紹介したいのが、寒い冬のキャンプサイトが暖かくなる最新の焚き火台だ。炎を極める黒染めの焚き火台「96(KURO)焚火台」、超軽量なのに高強度を実現「六花(RIKKA)」、コンパクトな両開き型焚き火台「MOOU Emotion Stove」といった最新の焚き火台が3アイテムも登場した!

漆黒の焚き火台「96(KURO)焚火台」

漆黒の焚き火台「96(KURO)焚火台」
ものづくりの町、燕三条で金属の黒染め技術を施した製品を手がけるブランド「96(KURO)」のアウトドアシリーズ第2弾として漆黒の焚き火台が新登場。黒染めとはその名の通り布を染めるように金属を液体に漬けて黒く染める技術。塗装と違い被膜が剥がれることがなく、ひとつひとつ色の濃淡や風合いが異なる点や使い込むほど自分だけの黒色に仕上がる経年変化を楽しめるのも魅力のひとつだ。

「96(KURO)」のアウトドアシリーズ第2弾として漆黒の焚き火台
今回登場の「96焚火台」は折りたたみ可能なオールステンレス製。ステンレスに黒染め技術を施したアイテムは国内でも希少性の高いものなのだ。「96焚火台」は軽量かつコンパクトに収納でき、持ち運びも楽々、組み立てや灰の片付けも簡単な構造。焚き火台の上に網を乗せれば料理にも使用可能で、黒染めだからこそ余計な光を反射せず炎そのものの煌めきやゆらめく姿を楽しめる。いつもの焚き火時間をより一層こだわりの時間に変えるアイテムなのだ。

「96(KURO)焚火台」スペック

漆黒の焚き火台「96(KURO)焚火台」使用時サイズ:W:490mm×D:350mm×H:310mm

使用時サイズ:W:490mm×D:350mm×H:310mm
収納時サイズ:W:410mm×D:410mm×H:50mm
重量:約2.1kg
材質:ステンレス
一般販売予定価格:¥ 24,200(税込)

漆黒の焚き火台「96(KURO)焚火台」収納時サイズ:W:410mm×D:410mm×H:50mm
プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/96_02/
プロジェクト終了日:2023年3月27日
プロジェクト実行者:9696KURO

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【自宅のインテリアにも映えるギア】新色のカモ柄をまとった「オレゴニアンキャンパー」の収納アイテムがカッコいい!

【グレゴリーの優秀収納ギア】アウトドアで超使えるボックス、ワゴン……新コレクション「アルパカギア ORG.」って知ってる?

【無敵すぎるスマートウォッチ】ポラールのミルスペックモデル「Grit X2 Pro」「Grit X2 Pro Titan」がデビュー

ヴィンテージ感◎のコールマン最新バックパック、絶賛爆売れ中のショルダーバッグほか【コールマンの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【春のお出かけが楽しく美味しくなる!】ブリーフィングの新作が優秀すぎた!

【愛され続けるクーラーボックス】コールマンの70周年記念モデル「54QT 70th リミテッド スチールベルトクーラー」に超注目!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!