MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集使用レポート

【ジープ初のEV】「アベンジャー」が日本初上陸! 気になる魅力を徹底レポート

執筆者:

Jeep

この記事の画像一覧を見る(17枚)

伝統の7スロットグリルに見慣れぬ“e”マーク! これがジープ史上初の電気自動車(BEV)となるジープ・アベンジャーだ。昨年10月にパリモーターショーで初お披露目されたばかりなのに、今年1月にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、現在、ヨーロッパのBセグEV市場を席巻する大注目のモデル!
日本導入はまだ先ということだが、国内ディーラー向けのプレゼンテーションのため1台のみ日本に緊急上陸(欧州仕様モデル)。初のBEV日本導入へ向け、ステランティス・ジャパンの並々ならぬ気合がうかがえる。貴重なアベンジャーのチェックと合わせて、打越新社長にお話を聞いた。

「日本の輸入台数が心配になるほど、欧州で売れています」

【ジープ初のEV】「アベンジャー」が日本初上陸! 気になる魅力を徹底レポート

ステランティス・ジャパン代表取締役社長、打越晋(うちこし すすむ)さん

Q アベンジャーはどういった位置づけのクルマになりますか?

A ジープブランド初の電気自動車(BEV)です。欧州での販売を念頭に開発され、取り回しやすいコンパクトなボディサイズに、1回の充電で400km(WLTPモード)の電気走行を可能とする54kWhバッテリーを搭載しています。2023年ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したおかげもあって、欧州市場では1万台以上(取材時)の予約を抱えるほどの人気となっています。

【ジープ初のEV】「アベンジャー」が日本初上陸! 気になる魅力を徹底レポート
Q デザインのこだわりポイントについて教えてください。

A エクステリアは伝統の7スロットを受け継ぐ、ジープらしい世界観を大切にしたデザインです。インテリアは欧州開発車らしいモダンで洗練されたデザインになります。

【ジープ初のEV】「アベンジャー」が日本初上陸! 気になる魅力を徹底レポート
Q ボディサイズは日本でも乗りやすい?

A 全長はこれまでもっともコンパクトだったレネゲードよりも小さい4084㎜。いわゆるBセグメントに属する欧州や日本で最も使いやすいサイズになります。今、欧州ではB-SUVといわれるこのクラスがとても人気です。

【ジープ初のEV】「アベンジャー」が日本初上陸! 気になる魅力を徹底レポート
Q EV性能と今後のEVラインナップはどうなりますか?

A アベンジャーは駆動用バッテリー54kWhと新開発のパワートレインを組み合わせ、モーター最高出力は115kW(156ps)、最大トルクは260Nm。ジープらしい俊敏で力強いパフォーマンスに、必ず満足していただけると思います。
ジープは2030年末までにヨーロッパ市場における販売を100%電気自動車にする目標を定めており、アベンジャーはその最初のモデルとなります。今後はレネゲードやラングラー、グランドチェロキーなどの4xe(プラグインハイブリッド)に加え、BEVのビーコンやワゴニアなども発表予定となっています。

この記事のタグ

モノマックス2024年3月号のご案内

3月号通常号

モノマックス2024年3月号

特別付録は「アーバンリサーチ 6つのスペースで荷物を整理できる!3WAYショルダーバッグ」!

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

モノマックス2024年3月号を見る

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

「パーキングメーターの料金は払わなくていい!?」意外と知らない有料駐車場のルールと抜け道

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!