MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【クラシカルながら最新装備】モト・グッツィからカスタムバイク「V9 ボバー スペシャルエディション」が新登場!

執筆者:

モト・グッツィ からカスタムバイクのV9 ボバー スペシャルエディションが新登場

この記事の画像一覧を見る(8枚)

レースの世界では軽量化は絶対的な正義であり、そのためにさまざまなカスタムが施される。そのカスタムの手法としてボバーというスタイルがある。

名称の由来は諸説あるのだが、フェンダーなどを短く切り落としたカスタムをボバーと呼ぶ。「bob=短く切り落とす」という説や、メジャーリーグの試合で配られる大谷翔平選手の首振り人形で日本でも一躍有名になったボビング・ヘッド・ドールのように、短く切り落としたフェンダーが走行中に「bobbing=揺れる」ことなどが有力説であるが1930年代ころから使われ出したカスタムスタイル、ボバーがいま大人気だ。

そしてイタリアの名門、モト・グッツィ からもダイナミックさとエレガントを持ち合わせたボバースタイルのカスタムバイク、「V9 BOBBER SPECIAL EDITION(ブイ9 ボバー スペシャルエディション)」が新登場したのだ。

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

850cc V ツインエンジンを搭載した特別仕様車

カスタムビルドの装備が際立つボバー「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」
「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」はモト・グッツィの伝統なV型エンジンを搭載したミドルクラスのスポーツモデルがベースとなっている。ちなみにハーレーダビッドソンや国産バイクなど多くのV型エンジンは横から見たときにシリンダーがV型に配列されているのだが、モト・グッツィの場合は正面から見たときにシリンダーがV型に配列してある縦置きVツインエンジンなのだ。

正面から見たときにシリンダーがV型に配列してある縦置きVツインエンジン
一見幅を取りそうなシリンダーの並びではあるが、空冷エンジンの場合は走行中こそ高回転になるのでより多くの空気にさらされるこの配列は理にかなったスタイルなのだ。そして「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」には4ストローク空冷90°V型2気筒OHV2バルブが搭載される。

カスタムビルドの装備が際立つボバー

「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」には4ストローク空冷90°V型2気筒OHV2バルブエンジンを搭載
モト・グッツィの特別仕様車となる「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」の特徴を色濃く出しているのが、スラッシュカットのメガフォンマフラーだ。モト・グッツィ的にはスラッシュカットエキゾーストサイレンサーと呼んでいるが、その裾広がりなマフラーエンドが斜めに短く切り落とされ、ボバーらしさを演出。

、ハンドルバー両端のバーエンドミラーなど渋さがマシマシの「V9 BOBBER SPECIAL EDITION」
さらにハンドルバー両端のバーエンドミラー、フォークブーツ、ショートフロントマッドガードがカスタムビルドの方向性を示している。縦置き90°Vツインエンジンにはフライス加工を施したマットブラックのアルミ製シリンダーヘッドカバーを装着し、渋さがマシマシとなっている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

坂東 漠

パーツデザイナー坂東 漠

スタンドがないと倒れる。ライダーの支えがないと自立できない。ライダーがいてもときにコケるといった2輪車の特性に魅了され、自転車、e-Bike、モーターサイクルの部品を開発。多くの人は気づかないが、それがないと成り立たないといったパーツを手がけている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「プロが大注目するバイク」抜群の路面対応力&毎日乗りたい魅力満載!高速もワインディングも楽しめる“クロスオーバーバイク”3選

新型ミドルクラス輸入二輪を乗り比べ、マニア垂涎のヤマハ「XSR900 GP」ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年5月版)

スタイル◎のストリートバイク。英国生まれの新興ブランド「マットモーターサイクルズ」のクール&レトロなマシンが超カッコイイ!

【ホンダの“使える”レジャーバイク】人気の原付二種「ダックス125」に待望の大人なニューカラーが仲間入り!

【マニア垂涎の異色バイク】スポーティなネオレトロ好きにドハマり! 様々なシーンに映えるヤマハ「XSR900 GP」が発売

【バイクライター厳選】試乗会で乗り比べた注目の「新型ミドルクラス輸入二輪」おすすめの3台とは?『試乗レポート』

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ